このサイトはテーマパークスタッフを目指す人のための情報サイトです。

テーマパークスタッフとは?

テーマパークスタッフは、テーマパークの来園者が快適に、楽しい時間を過ごせるように、アトラクションの受付、誘導、案内や店舗での販売、飲食の提供、清掃など、園内のあらゆる業務を担当する仕事です。観光施設に従事するため、この仕事に就くうえで特別な資格や知識は求められませんが、ホスピタリティ精神や明るい笑顔、人当たりの良さなどが必要とされます。また、来園者の安全を守るという責任感も必要です。テーマパークスタッフはアルバイトやパートとして働く人も多く、時給は900円程度からスタートすることが多いようです。たくさんの人に夢を与えることができる魅力的な仕事ですが、正社員としての採用はさほど多くありません。また立ち仕事が多く体力を要することから、若手の活躍が中心となっています。

テーマパークスタッフの仕事内容

全国にあるテーマパークで来園者すべてが楽しい時間を過ごせるように、園内のあらゆる業務を行うのがテーマパークスタッフです。

園内にあるアトラクションの受付、誘導、案内、運転、店舗での販売、飲食の提供、清掃などさまざまな作業を担当します。

各テーマパークではそれぞれテーマが設定されていますから、どの業務に従事するにしてもそのイメージや世界観を大切にする必要があります。

すべての作業中に来園者の目に触れる可能性を意識しなければなりません。

一方で来園者とは直接接することはない裏方の仕事も存在します。

設備の点検や管理、企画や運営、事務など、来園者が安全、快適に楽しむことができるよう努めることも重要な役割です。

テーマパークスタッフになるには・必要な資格は?

テーマパークスタッフとして働くために取得しなければならない資格はありません。

大学や短大、専門学校などを卒業し、テーマパークに就職するのが一般的です。ただ調理や技術など専門職を希望する場合は事前の準備が必要です。

またテーマパークの運営は観光業ですから、観光関連の学科が設置されている専門学校で学ぶ人もいます。

中途採用や学生アルバイト、パートとしてテーマスタッフになることも可能です。

いずれの勤務形態においても、テーマパークを大切に思う心構えが重要になるでしょう。

テーマパークスタッフに向いている人

テーマパークは来園者に夢を与える観光施設です。そのスタッフは楽しい時間を提供するサービス業に従事することになります。

明るい笑顔を絶やさない、人当たりのいい人は適性があるといえるでしょう。

子どもやお年寄り、幼児を連れた母親、外国からの観光客など来園者の年齢層は幅広く、多岐にわたります。

テーマパークスタッフはそれぞれに異なる気遣いや心配りが求められる職業ということになります。

直接来園者と関わらない裏方の場合でも、来園者の安全や喜びを思いやる必要があります。

注意力や責任感がある人はテーマパークスタッフに向いているでしょう。

テーマパークスタッフの就職状況・雇用形態

来園者が直接関わるスタッフのほとんどをアルバイトが占めています。

チケットの受付やアトラクションの誘導、案内、各店舗の業務などはアルバイトの募集が多いでしょう。

こうしたアルバイトの場合は希望の職種に直接応募することができるという特徴があります。

労働時間や契約期間が短い場合もあるため、学生や主婦など生活環境に応じて働く人が多いようです。なかには、アルバイトから契約社員になるケースもあります。

テーマパークの運営会社に就職する場合は、本人の希望や適性によってさまざまな部署に配属されます。

企画や運営、管理、事務などオフィスワークが主な業務になるでしょう。

テーマパークスタッフの給料・年収・待遇

繁忙期と閑散期にわかれるため、アルバイトやパートがほとんどを占めるテーマパークスタッフ。

時給は約900~1500円と幅がありますが、労働時間や契約時期のほか天候にも左右される職業ですから、全体的な給料は低めの傾向にあります。

アルバイトから契約社員に登用された場合でも、給料はアルバイトとあまり変わりません。

巨大テーマパーク以外では年収300万円未満の場合が多いようです。福利厚生面は充実しますが、担当する業務の範囲は広がります。

テーマパーク全従業員の約1割ほどである本部の正社員の平均年収は、一般的なサラリーマン同様400万円程度でしょう。

ただし、一部の大手テーマパーク正社員の平均年収は約700万円ほどともいわれています。

テーマパークスタッフの生活・勤務時間・休日

テーマパークスタッフには、準社員(アルバイト、パート)、契約社員(テーマパーク社員)、正社員(本部社員)という3種類の業務形態があります。

それぞれ勤務時間や休日などのライフスタイルは大きく異なります。

正社員の場合は概ね入社半年から1年間の研修期間中、テーマパークに配属され、土日出勤があります。

しかし本部勤務になると一般のサラリーマン同様の勤務時間で平日出勤、土日が休日になります。

その他、大多数を占めるアルバイトや契約社員などテーマパークで勤務するスタッフは、シフト制のため各個人により生活はさまざま。

土日や夏休みなどの繁忙期に出勤日や勤務時間が増加する傾向があります。

テーマパークスタッフの現状と将来性

運営会社の本部社員はほとんど高学歴の新入社員に限られ、募集人数も非常に少ないという特徴があります。

夢を与える仕事ですから人気がありますが、就職できるのは夢のような確率であるといえるでしょう。

テーマパーク勤務のスタッフは慢性的に人数不足ですから、仕事に就くこと自体は難しくありません。

ただ給料は低く、閑散期には仕事が少ないという不安定な面があり、天候によってはハードワークになるため若いスタッフが多いでしょう。

しかし全体の来園者は増加傾向にあるなど、テーマパークがこれからも多くの人々にさまざまな夢を提供し続けることは間違いありません。

自らの困難を乗り越えて夢を勝ち取ったテーマパークスタッフは、これからもたくさんの笑顔で人々を楽しませていくことでしょう。