ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーになるには

ウエディングプランナーになるには、特別な資格や学歴は特にありません。

ただし、一部の大手結婚式場やホテルの場合、採用試験において「高卒以上の学歴」「大卒以上の学歴」があることを前提条件としていることもあるようです。

ウエディングプランナーを目指す人が増えている近年、就職も狭き門となっています。

人気の企業の場合は高学歴の学生が集中し、就職試験で厳しい競争が繰り広げられることもあるため、大学や専門学校、スクールでブライダルの専門知識を勉強してきている人のほうが、就職に有利に働くこともあります。

また、人間性やコミュニケーション能力が重要な職業のため、学生時代に培った語学力や企画力、見分の広さが生かせる局面もあり、学歴は決して無駄にはならないでしょう。

ウエディングプランナーの資格・難易度

ウエディングプランナー養成のための学校に通うことができない場合、テキストを使って独学で勉強し、「ブライダルプランナー検定」を受験するという方法もあります。

この検定試験は学歴や年齢による受験制限がないので、誰もが挑戦することが可能です。

試験はステップアップ方式で、まずは「ブライダルプランナー検定2級」を取得し、その後「ブライダルプランナー1級」を取得する流れです。

最終的には1級合格者を対象にした「アシスタント・ブライダルプランナー資格登録申請」を行うことで、証書やライセンスバッヂを発行することができます。

この資格は必須ではありませんが、就職試験などの際に実力を示すものとしては有効でしょう。

ウエディングプランナーを目指す人に必要な資格や検定は?

ウエディングプランナーになるための学校の種類

大学で学ぶ

ツーリズム・インターナショナルコミュニケーション系の学科や学部、国際観光学科・学部などでブライダルの基礎を学ぶことができます。

それ以外の学科・学部でもブライダル関連の授業を行ったり、ブライダル業界出身の講師が指導したりしている場合があります。

大学ではブライダルの知識のみならず、一般教養まで広く学ぶことができるため、幅広い知識を身に付けたい人に有利です。

専門学校で学ぶ

専門学校には、ブライダル系専門学校と、ブライダルについて学べるコースを選択できる専門学校があります。

ブライダルについて学べるコースがある専門学校には、ツーリズムや観光系の専門学校、ホテル系の専門学校などがあります。

こうした専門学校では、ブライダル業界で働くことを前提としたカリキュラムとなるため、より実践に即した勉強ができます。

式場やホテル・ブライダル関連企業へのパイプもあり、就職をあっせんしてくれるところも少なくありません。

養成スクールで学ぶ

ウエディングプランナー養成スクールの場合は、すでに社会人として働く方を対象にしているケースが多く、即戦力をつけるための短期集中型の内容になっています。

また、ウエディングプランナーは公募よりも専門学校やスクールへの求人が多い傾向にあるため、社会人から目指す場合は、一度専門学校やスクールに通い、業界について学びながら資格を取得することがウエディングプランナーへの近道となるかもしれません。

ウエディングプランナーになるための学校の種類(大学学部・専門学校・スクール)

ウエディングプランナーに向いている人

ウエディングプランナーになるための大前提として、しっかりとビジネスマナーや礼儀が備わっているということがあげられます。

日ごろから多くの人と関わり、ときには式場やホテルの顔としてお客さまと接するウエディングプランナーにはビジネスマナーは必須であり、いつも笑顔でどんな方に対しても気持ち良い接客ができることは大切な要素です。

また、ウエディングプランナーは式全体の演出をするため、人を楽しませられるアイデアを思いつく発想力が豊かな人はウエディングプランナーに向いています。

もともと人を喜ばせることが好きな人や、サプライズ演出やイベントの企画などが好きな人は、ウエディングプランナーになった際にその想像力や実行力を生かすことができるでしょう。

さらに、結婚式を成功させるために細かいところまで気づかいができ、たとえ残業や休日出勤など自分を犠牲にしても他人のために尽くしたいという忍耐力がある人、カップルに対しさまざまなプランを提案できる営業力やプレゼンテーション能力がある人も向いているでしょう。

ウエディングプランナーに向いている人・適性・必要なスキル

ウエディングプランナーのキャリアプラン・キャリアパス

ウエディング業界に入ったとしても、まずはアルバイトとして働いたり、プランナー以外の業務をしたりすることによって、現場に慣れていきながらスキルアップする人も多くいます。

ウエディング業界はしきたりやルールが多く、さらにプランナーは経験が必要とされる仕事です。

そのため、たとえホテルや結婚式場等に就職したとしても、すぐにプランナーとして働くことが難しいのが現状です。

ホテルなどでは、ウエディング以外の他の部署で何年か経験を積み、実力が認められてようやくウエディングプランナーの仕事に就けるといった流れが一般的となっています。

ウエディングプランナーとして長年経験を積んだ人は、ウエディングプランナーを統括するリーダーやマネージャーになったり、新人の指導役に回ったり、なかには独立してフリーランスになったりする人もいます。

ウエディングプランナーを目指せる年齢は?

ウエディングプランナーは20代~30代の若い社員が多く活躍している仕事です。

相談に来るカップルと年代が近いことで親しみやすさや話しやすさを感じてもらえるというメリットは大きく、式のアイデアを出す際に流行を取り入れたものを提案しやすいというメリットもあります。

そのため、できるだけ若いうちからウエディングプランニングに関する勉強をしていた方が有利と言えます。

ただし近年では晩婚化が進み40代や50代で結婚式を挙げるカップルもいます。

落ち着いた雰囲気のプランナーを希望されることもありますし、ベテランのプランナーがつくことでカップルだけでなく家族にも安心して式に臨んでもらえることがあります。

ハードな仕事のため体力的にきついという側面はあるかもしれませんが、本人の努力や前職でのスキル・企業の方針によっては何歳からでも転身することは可能でしょう。

ウエディングプランナーは高卒から目指せる?

一部の大手結婚式場やホテルの場合、採用試験において「大卒以上の学歴」があることを前提条件としていることもあります。

人気企業の場合は高学歴の学生も多く受験するので、学歴がひとつの武器になることは否めません。

高卒の人がウエディングプランナーをめざす場合は、自分にどのような強みがあるのかをしっかりアピールすることが重要です。

この職業は、学校で勉強するような知識よりも人間性がものをいうところがあるため、熱意をしっかりとアピールすれば採用される可能性はゼロではありません。

高卒からウエディングプランナーになれる?

ウエディングプランナーは女性が有利?

ウエディングプランナーは多くの女性が働いています。

職場によっては全員が女性というところも少なくありません。

結婚式に関して、どうしてもメインになるのは花嫁である女性のため、ウエディングプランナーが同性だと話がしやすかったり相談しやすかったりというメリットがあります。

ウエディングプランナーの現状と今後の見通し

結婚式場業売上高

結婚式場業の売上高は年々減少してきています。2014年度は1468億円と、ここ10年で最も低い売上高となっています。
結婚式場業売上高の推移_2014

結婚式場業取り扱い件数

結婚式業の取り扱い件数も2006年より減少を続けています。2014年度の取り扱い件数は48,659件となっています。
結婚式場業取り扱い件数の推移_2014

結婚式場業従業員数

結婚式場業の従業員数は2014年時点で16,854人です。2014年は前年よりも若干増加しました。。
結婚式場業従業者数の推移_2014

従業員数における正社員の比率

正社員の比率は減少傾向にありましたが、ここ数年は横ばいとなっています。2014年の正社員比率は38.9%となりました。
結婚式場業 従業員に占める正社員の割合_2014