英語ができるウエディングプランナーは有利

以前から、日本人がハワイなどで挙式することは流行っていましたが、近年、外国人が日本にきて挙式するインバウンドウエディングが増えてきています。

そのため、英語ができるウエディングプランナーは重宝されています。

この記事では、英語ができるウエディングプランナーについて解説します。

インバウンドウエディングの増加

日本国内でも、日本と海外のカップルや、外国人同士のカップルが結婚式や披露宴を行うことが増えてきました。

「インバウンドウエディング」といって、外国人カップルが新婚旅行を兼ねて来日し、そこで結婚式を挙げることが世界的に流行しています。

それだけでなく、日本に住む外国人が増加していることや、日本の結婚式場は宗教を問わず結婚式が上げられることから、日本で挙式をしたいと考える人が多いようです。

英語力は仕事の幅を広げる

ウエディング業界も国際化が進む中、少しでも英語で応対ができ、海外のウエディングに関する知識を持ちあわせていれば、外国人カップルにも式場を利用してもらえる可能性が高まるでしょう。

近年では、国際結婚の場合、挙式は相手の国で行い、日本ではお披露目パーティーをされるカップルが増えているようです。

お客さまとしては、食事、ギフト、演出にも海外のものを取り入れてゲストの方に楽しんでもらいたい思いがあるようです。

こうしたさまざまなカップルのリクエストに応えるためにも、英語はできたほうが有利といえるでしょう。

英語での表現力を身につける

英語の知識があり、日常会話ができたとしても、ウエディングの専門用語が使えなければ仕事の上では意味がありません。

「日本の伝統的なウエディングをしたい」というお客さまがいらしたとき、和服の着つけや日本の挙式のしきたりなどを説明する必要があります。

表現力があり、英語でていねいな説明をしてもらったほうが具体的なイメージしやすくなるでしょう。

このように日本のウエディングのことを英語でしっかり表現できる力をつけておけば、セールスやプレゼンで大いに役に立ちます。

また、英語を話せるウエディングプランナーがいるだけで、外国人カップルからは大きな信頼を得られるでしょう。

海外で活躍するチャンスも

英語や他言語で応対ができるプランナーは、海外でウエディングプランナーとして活躍できるチャンスがあります。

欧米諸国のみならず、いま、中国や韓国では日本流のウエディングが人気で、現地で活躍している日本人ウエディングプランナーも増えてきています。

また海外に拠点を移さなくても、海外での挙式を多く扱うブライダル会社に勤めれば、現地でのコーディネートもスムーズに進むでしょう。

英語が必要な場面

ウエディングプランナーに英語が求められる場面としては

  • 予約や問い合わせの対応
  • 予算や人数など基本的なプランの聞き取り
  • 演出プランなどの提案
  • 当日の流れや衣装などの事前打ち合わせ
  • 挙式時のカップルやゲストに対するサポート

などがあります。

こうした場面はある程度想定されるため、必要な会話例や単語を中心的に学ぶことで対応できますし、ビジネス英語を学ぶことでカバーできる部分も多いです。

一定レベルの日常会話に加え、結婚式で使う言葉も練習し、知識を身に付けておくとよいでしょう。

英語ができるウエディングプランナーは有利のまとめ

日本に住む外国人が増加していることや、日本の結婚式場は宗教を問わず結婚式が上げられることから、日本で挙式する外国人が多くなっており、英語はできたほうが有利です。

しかし、英語の知識があり、日常会話ができたとしても、ウエディングの専門用語が使えなければ仕事の上では意味がありません。

ウエディングプランナーに英語が求められる場面としては、予約や問い合わせの対応から挙式時のカップルやゲストに対するサポートまでさまざまあります。

さらに、日本のウエディングのことを英語でしっかり表現できる力をつけておけば、セールスやプレゼンで大いに役に立ちます。