このサイトはバスガイドを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バスガイド」

仕事内容
バスガイドは、観光バスや貸切バスに乗車し、お客さまに楽しく快適な旅を楽しんでいただくための案内役です。車内では、車窓から見える景色を案内したり、観光地の情報を提供したり、ご当地ソングを歌ったりしてお客さまを盛り上げます。また、バスの駐・発車時の安全確認や車内点検など、安全運転のために運転手をサポートすることも大事な役目です。「人を喜ばせたい!」というホスピタリティ精神が求められる仕事です。
なるには
バスガイドとして働く人の多くは観光バス会社に勤務しているため、学校を出た後にこれらの会社の就職試験を受け、社員として採用されることが、なるための一般的な方法となります。学歴は「高卒以上」が求められるケースが多く、観光系の専門学校卒業者も多いようです。業務に必要な知識は入社後の研修等で身に付けていきますが、この仕事に活かせる資格としては「国内旅程管理主任者」や「国内旅行地理検定」などが挙げられます。
給料
正社員として働くバスガイドの初任給は15万円〜17万円程度が一般的で、他の職業と比べると、少し低めの水準となっています。年収は300万円以下に留まる人も多いようですが、役職者となったり、経験を積むごとで少しずつ昇給が望める仕事です。派遣社員やアルバイト、フリーランスとして働く場合は日給制が基本となり、実力に応じてその額は変動します。中にはフリーや契約社員として、正社員より多くの収入を得るベテランバスガイドもいます。
将来性
現在、観光バス・貸切バスへのバスガイドの乗務は必須ではなくなっており、一昔前に比べるとバスガイドの数は減少傾向にあるとされています。しかし、各社間の競争が厳しくなっていることから、あえて自社で正社員を採用・教育し、個性あふれる質の高いガイドができることをウリにする企業も登場しています。今後は観光の豊富な知識はもちろん、外国時観光客を相手にできるだけの語学力、豊かな個性や人間性を兼ね備えた人材の需要がさらに高まることが予想されています。

仕事体験談