Webデザイナー専門学校で学ぶこと

Webデザイナーになれる学校

Webデザイナーになるための近道が学校に入ることです。

学校にもいろいろあり、半年ほどでひと通り学ぶスクールと呼ばれるところや、情報系の4年生大学、あるいは2年制・3年制の専門学校があります。

その中でも比較的勉強しやすいのが専門学校になります。

専門学校で勉強することは?

専門学校では入学時にノートPCを支給されることが多く、それを使ってWebデザインの勉強をします。

入学してすぐにWebデザインの実習をするのではなく、まずは情報についての座学から入ります。

コンピュータの基礎的な知識の勉強やデザイン、色彩の勉強をしながら、Webデザインについて学んでいきます。

それと同時に、各種資格の取得を目指すこともあります。専門学校は専門的な勉強をするわけなので、就職の際に有利になるようにさまざまな資格を取得していきます。

基礎の勉強がある程度進むと、HTMLやCSSと呼ばれるホームページを作る上では欠かせない言語の勉強に入ります。

こちらはパソコンで文字を表示したり、装飾をしたりしながらの実習になります。

他にも関連法規という著作権や肖像権などの法律の勉強もしなければなりません。

ホームページを作る上で、他のホームページの文章をコピーして使用したり、画像を許可なく使ってはいけないため、そういった行為を防ぐためにも法律の勉強は欠かせません。

専門学校に入るメリット

専門学校入るメリットのひとつが豊富な就職先です。

幅広い業界をカバーしているわけではありませんが、情報関連の企業に対しては卒業生が数多く就職していることなどから、就職の際に有利になることがあります。

仕事体験談