Webディレクターのやりがい、魅力

プロジェクトをまとめるリーダー的立場

Webディレクターはプロジェクトのリーダー的立場です。

デザイナー、プログラマー、コーダー(コーディング担当)、ライターなどに指示をし、まとめあげるいわば監督のようなものでもあります。

現場にスケジュール管理はもちろん、見積もり計算やプレゼンなどもWebディレクターの仕事です。

どの仕事もそうですが、責任あるポジションはやはりやりがいが大きいもの。

その実力を認められるほど、舞い込む案件も大きくなり、プロジェクトチームも大きくなります。

任される仕事が増えたり、大きくなるのは、自分の成長のあかしでもあり、それはやりがいへと直結するでしょう。

さまざまなメンバーとの協力プレイ

Webディレクターは基本的なデザイン、プログラミング、コーディングができる人がほとんどですが、メインとなるのはやはりディレクション。

プロジェクトを無事に終わらせるには、クライアントや営業、制作チームとの意思疎通や協力、連携が重要となります

各担当がひとりずつのプロジェクトもあれば、それぞれ数人いる大きなプロジェクトもあります。

クライアントと予算、制作チームのまとめあげ、各メンバーの進捗状況を聞きつつ、軌道修正をしつつ、仕事を進める。

決してひとりではできない仕事なだけに、自然と団結力は強まります。

最初は苦手だった相手もプロジェクトが終わるころには親友のような仲に…なんてこともあるでしょう。

大勢の仲間と協力してひとつの物を作り上げるのは大きなやりがいであり、そこで生まれた絆は自分にとっても大事な宝物になるでしょう。

完成したWebサイトは誇れる自分の作品

ひとつのプロジェクトが、滞りなく終わるか、質の高いWebサイトができるか、はWebディレクターの腕にもよります。

成功するも失敗するもWebディレクター次第といっても大げさではないかもしれません。

プロジェクト自体も長いものだと一年以上かかる案件もあります。

Webコンテンツ制作において、初期の打ち合わせから入り、プレゼン、制作、納品まですべてに関わるのはWebディレクターのみです。

それだけに完成した瞬間は感無量です。

Webディレクターにとって、制作に関わったWebサイトは自分の作品でもあります。

世界中の人が訪れるWebサイトを作り上げることはWebディレクターにとって一番大きな魅力かもしれません。