Webディレクターの資格

資格はマストではないが、スキルはマスト

Webディレクターになるのに資格はいりませんが、必要なスキルはたくさんあります。

ざっと箇条書きで挙げると

・HTML
・CSS
・Webマーケティング
・Webデザイン
・Word、Excel、PowerPoint

最低限、上記の知識がなくてはWebディレクターになることはできません。

これらすべてを独学で学ぶのはかなり厳しいですし、一から教えてくれる会社は一部の企業に限られます。

まったく知識がない状態なら、まずは専門学校やキャリアアップスクールに行って学ぶのもおすすめです。

Webディレクターの仕事は専門性の強い分野なだけに、必要なスキルもたくさんあります。

上記で挙げた以外にもWeb関連の知識は多く持っていた方がよいでしょう。

Web関連で唯一の国家資格「ウェブデザイン検定」

上記で挙げたスキルと同様に、絶対に必要ではないけど、持っていると就職やキャリアアップに有利になる資格はいくつかあります。

まず代表的なのが「ウェブデザイン検定」です。

厚生労働大臣指定試験機関が運営する技能試験のひとつでWeb系の資格で唯一の国家検定です。

試験は年に1回、3級から1級まであり、3級は誰でも受験が可能ですが、2級は実務経験が2年以上、1級ともなると実務経験が7年以上必要になります。

さらに試験はすべて学科と実技で構成され、国家資格だけあって難易度も高め、受験前はスクールまできちんと学ぶか、独学でもかなりの勉強が必要とされます。

学科で出題される項目は主に、ネットリテラシー、Webデザイン、Webサイト設計・構築技術及びサイト運用・管理技術などで3級から1級まで範囲はほぼ同じ、難易度だけ変わります。

実技はWebサイト構築、Webサイトデザイン、Webサイト運用管理など,、さらに1級になるとWebサイト設計・計画、が追加されます。

未経験だと3級までしか取ることができませんが、持っていると基礎的な知識が保証されることもあり就職活動などにはかなり有利となります。

他にも「Web検」などWebディレクターに関連する資格はあります。

いずれも持っていなくてもWebディレクターになることは可能ですが、あると便利だったり、スキルの証明になることもあります。

資格取得には専門的な勉強が必要

Webディレクターに関する資格を取得するにはやはり専門的な勉強が必要です。

ネットリテラシーや、Webサイト構築や運用、管理などのディレクションに必要な知識はもちろん、Webサイトを実際に制作する実務スキルも必要となります。

これらの知識やスキルを身に着けるのは独学でも可能ですが、やはり専門的学校やキャリアアップスクールなどで学ぶのが一番早いでしょう。