Webディレクターの1日

至都

ドライブを検索

ドライブ
.
フォルダ パス
マイドライブ
Shizu
Webディレクター
新規
フォルダとビュー
マイドライブ折りたたみました
共有アイテム
Google フォト
最近使用したアイテム
スター付き
ゴミ箱
1 GB 使用
名前
オーナー
最終更新

WebディレクターとWebデザイナーの違い.txt
よしとも
2016/02/19
選択されていません

WebディレクターとWebプロデューサーの違い.txt
よしとも
2016/02/22
選択されていません

Webディレクターになるための学校大学専門学校スクール.txt
よしとも
2016/03/03
選択されていません

Webディレクターになるには.txt
よしとも
2016/03/03
選択されていません

Webディレクターに向いている人適正.txt
よしとも
2016/02/19
選択されていません

Webディレクターに必要な知識スキル.txt
よしとも
2016/02/22
選択されていません

Webディレクターのつらいこと大変なこと苦労.txt
よしとも
2016/02/19
選択されていません

Webディレクターのやりがい魅力.txt
よしとも
2016/02/19
選択されていません

Webディレクターの一日.txt
よしとも
2016/02/19
選択されています

Webディレクターの給料年収.txt
よしとも
2016/02/19
選択されていません

Webディレクターの勤務時間休日.txt
よしとも
2016/02/18
選択されていません

Webディレクターの仕事内容.txt
よしとも
2016/02/18
選択されていません

Webディレクターの志望動機面接.txt
よしとも
2016/03/03
選択されていません

Webディレクターの資格.txt
よしとも
2016/02/18
選択されていません

日によってさまざまだが、基本はハード

毎日さまざまな人たちとコミュニケーションをとり、全体をくまなくチェックするWebディレクターの仕事。

売れっ子にもると打ち合わせやミーティングで一日がつぶれてしまうこともあります。

毎日いろんなところへ打ち合わせに出かけたりと忙しいWebディレクターですが、その一日はいったいどんなスケジュールでしょうか。

キャリア3年目くらい、Web制作事務所に勤める中堅ディレクターの一日を見てみましょう。

8:30 起床

目覚ましや、家族に起こされて起床。

9:00 身支度終了

洗顔、着替え、軽くシャワーに入る人も。

Web業界は営業以外はオフィスカジュアルOKの会社が多いですが、クライアントとの打ち合わせがある日はジャケットやシャツを着用するなど服装には気を付けます。

9:15 朝食&ネットサーフィンで時事ネタを収集

仕事でもプライベートでもネット上をリサーチすることは欠かしません。

新聞を読むよりもネット上に配信されるニュースをチェックする人の方が多いのは単純に利便性だけでなく、サイトのデザインや作り読みやすさなどのユーザビリティを学ぶという意味もあります。

10:15 会社到着

Web業界の仕事開始は一般的にそれほど早くはありません。早くても10時30分~11時始業というところが多いようです。

また、フレックスタイム制を取り入れている会社も非常に多くその場合もコアタイムは11時からなど比較的ゆっくりめです。

10:30 始業

ネットで情報収集や前日のメールチェック、その日のスケジュール確認、担当するプロジェクトの進行チェックなどから入ります。

11:00 往訪①打ち合わせ

営業とともに初訪問となるクライアント先を訪れ、プロジェクトの打ち合わせをします。

まずは先方の要望や予算、スケジュールなどを聞き、次の打ち合わせの予約を入れて案件をいったん持ち帰ります。

時に、大きなプロジェクトの競合プレゼンなどが入ることもあります。

12:00 昼食&休憩

クライアントとの打ち合わせが終わり、営業とともにランチをとりながら戦略を練ったり、近況報告、業界の最新情報を交換しあったりすることも。

14:00 デザイナー、マーケティング担当とミーティング

往訪A社の打ち合わせで持ち帰った話や資料を元に、担当予定のデザイナーやマーケティング担当と戦略や今後の進め方をミーティング。

16:00 往訪B社打ち合わせ

既に数回打ち合わせ済みのクライアントB社の元へ。デザイン済のLP(ランディングページ)のカンプを持って行きます。

プレゼンをしつつ、詳細を説明、修正点などを洗い出し、次の打ち合わせのスケジュールを決めて持ち帰ります。

18:00制作スタッフとミーティング

B社担当の社内制作担当チームを招集し、修正点などを説明。

ここからはコーディングなどの作業も入ってくるので、デザイナーと併せてコーダーにも参加してもらいます。

コンテンツやコラム作成も入るときは、ライターも招集します。

19:00 担当プロジェクトの進捗確認

担当する何件かのプロジェクトの進捗状況をチェック、修正点や確認事項があれば各担当者と直接打ち合わせをします。

フリーランスのスタッフに外注している場合は、電話やスカイプ、チャットなどで連絡を取ります。

19:30 資料、予算案、スケジュール作成

夜になってやっと資料作りやプレゼン企画作成の仕事に入ります。もちろん、この間も各担当からの相談などはひっきりなしにきます。

ゆっくりと考えたい仕事などは自宅に持ち帰って作業する人もいます。

21:30 メールチェック

帰宅前にメールをチェックします。

22:00 退社

このくらいの時間にあがれた時は、制作スタッフなどを誘ってご飯を食べに行ったり、飲みに行くこともあります。

繁忙期は終電近くまで作業することもあります。

23:30 帰宅

通勤の電車の中でもニュースサイトのチェックや、読書など、情報収集は欠かしません。

24:00メール、スカイプチェック

自宅でもさらにメール確認。

遅くまで仕事をしていた制作スタッフから疑問点などの確認が入っていることもあるので、スカイプやチャットは必ずチェックして何らかの指示を出してから就寝します。

24:30~25:00 就寝

入浴を済ませ、明日のスケジュールを確認したら、目覚ましをセット、ベッドに入ります。

夜型人間の人も多く、就寝は26時くらいになることもあるでしょう。