セラピストとカウンセラーの違い

共通点は心理学

日本で心理学に関わる職業を大きくわけると心理士、心理カウンセラー(相談員)、心理セラピスト(療法士)になりますが、いずれも現状は国家資格ではなく民間資格です。

「臨床心理士」のように指定大学院の修了者しか受験できない資格もありますが、資格がなくても心理カウンセラーや心理セラピストを職業とすることもできるためトラブルに発展しないよう注意する必要があります。

臨床心理士の仕事

実際に「臨床心理士」は学校や病院、企業などにおいて、心理カウンセラーとしても心理セラピストとしても勤務する場合があるでしょう。

また心理セラピストの業務のなかに心理カウンセリングが含まれることもあるのです。

ただ心理カウンセラーは相談者との会話を重視するため問題解決を相談者本人の自発性に委ねるのに対し、心理セラピストは相談者の癒しを目的とするため問題解決になるような具体的なアドバイスを相談者に提示します。

心理カウンセラーは受動的な相談員であり、心理セラピストは能動的な療法士であるといったように、両者は相談者と向き合う姿勢が異なるといえるでしょう。

心理職の現状

大学受験まえに心理カウンセラーあるいは心理セラピストになりたいという意志がかたまっている場合は、「臨床心理士」の資格取得を目指して、日本臨床心理士資格認定協会(公益財団法人)の指定大学院や心理学部のある大学へ進学するのが最善かもしれません。

学校臨床心理士、病院臨床心理士、産業臨床心理士といった分野でそれぞれ就職できる可能性がひろがるでしょう。

心理学系の学部を卒業していない方には、日本心理学会(公益社団法人)の「認定心理士」といった心理学の基礎資格もあります。

ただし「臨床心理士」ですら就職は大変で収入も決して多いとはいえず勤務は不安定な場合もあるので、「認定心理士」だけではさらに厳しいといった声も聞こえてきます。

日本心理学会 認定心理士の資格を取りたい方

心理セラピストの現状

それでも心理セラピストになりたいという方は非常に多く、その種類もさまざまで民間のスクールや資格も多数存在します。

日本の心理職は現状すべて民間資格ではありますが、資格の有無だけでなく、その資格がどのような団体の認定するものなのかについても留意したほうがいいでしょう。

「心理学検定」を主催する「日本心理学諸学会連合」に加盟する公的学会に所属する団体かどうかを目安に判断するのもひとつの方法です。

多様化するニーズに呼応して進化する分野でもありますから、目指す心理セラピストのそれぞれの情報や現状をしっかり把握することが重要です。