文系のシステムエンジニア

文系出身者も活躍できる

システムエンジニアというと、どうしても理系の人しか就けない仕事だと考える人もいるかもしれません。

しかし、実際の現場では文系出身のシステムエンジニアもたくさん活躍しており、これからこの仕事をめざす場合にも、文系だから大きく不利になるということはありません。

なかには理系出身者や情報関連のことを専門的に学んできた人に限定して採用する企業もありますが、文系出身者でも熱意ある人であれば積極的に採用したいと考えている企業も決して少なくないようです。

文系からシステムエンジニアになることはそれほどハードルが高いわけではないのです。

ただし、最初は専門用語に戸惑いを覚えたり、理系ならではの論理的なものの考え方が難しいと感じたりすることもあるかもしれません。

そうした苦労があったとしても、地道に勉強していこうとする気持ちさえあれば、文系出身でも立派なシステムエンジニアになることができます。

文系からシステムエンジニアになるメリット

一般的に、文系の人は、理系の人に比べると、コミュニケーション能力が高いといわれることがあります。

理系の場合、どうしても一点集中型で深く物事を突き詰めていくことが多くなりますが、文系の場合には幅広い視野を持って多角的に物事を見る機会も多く、また人の心の動きにも興味を持つ人が多いことから、自然とコミュニケーション能力が身につくことが多いようです。

こうしたコミュニケーション能力は、システムエンジニアとしての大きな武器になります。

この仕事は、エンジニアといっても人と会話をする機会がとても多く、クライアントが望むことを察知したり、開発現場のスタッフを上手にまとめていったりすることが求められます。

そこで、文系の豊かな人間性や良好な対人関係を築く力が大いに発揮されることがあります。

もちろん、文系なら必ずしも高いコミュニケーション能力が備わっているというわけではありませんが、文系ならではの強みを生かして働くことも十分に可能だといえます。
 

教育制度の整っている企業へ

文系の人がシステムエンジニアをめざす場合、どのようにして就職を探せばよいのでしょうか。

まず、企業によっては全くの未経験者でもゼロから新人教育をしてエンジニアとして育成するシステムを確立しているところがあるので、このような企業を探すのが一番の近道です。

IT業界の成り立ちからシステムの構築の仕方まで丁寧に教えてもらうことができるでしょう。

未経験者の場合、入社したばかりの頃は見習い扱いや契約社員扱いとなり、給料や待遇が充実していないことがありますが、仕事を覚えた頃に正社員に登用されるというケースもあります。

いずれにしても、この職業は専門性が非常に高いので、いきなり大きな仕事を任せてもらえるということはまずありませんし、プログラマーなどの別の職種を経てシステムエンジニアにキャリアアップできることも珍しくありません。

文系の人の場合は特に一人前になるまでに時間がかかるため、長期的なスパンでシステムエンジニアをめざすことが大切です。

仕事体験談