食品衛生監視員と食品衛生管理者の違い

「食品衛生監視員」と「食品衛生管理者」は、いずれも「食品衛生」に深く関わる仕事ですが、それぞれ名前が異なる通り、役割にも違いがあります。

その違いは大きく「仕事内容」と「就職先・活躍の場」に分けることができるため、ここではそれらについて詳しく紹介していきます。

仕事内容の違い

食品衛生監視員は、食品衛生法の定めに基づいて、食品に関わる営業施設の立ち入り検査や食品に関しての指導、さらに食品衛生の確保・監視・改善を行うことが主な仕事です。

全国の港や空港に置かれた検疫所で、輸入食品の監視や検査業務に携わる人もいます。

一方、食品衛生管理者は、乳製品、食肉製品など、食品の製造・加工施設における衛生管理を主に行います。

これら特定の食品の製造等をする施設には、専任の食品衛生管理者を必ず1名以上置くことが義務づけられています。

就職先・活躍の場の違い

食品衛生監視員は、公務員として働きます。検疫所に勤務するのであれば国家公務員、保健所勤務であれば地方公務員の身分になります。

一方、食品衛生管理者は公務員ではなく、民間企業に勤める会社員です。

食品メーカーや食品の製造加工工場などがおもな活躍の場となります。

いずれも任用資格である

ここまで食品衛生監視員と食品衛生管理者の違いを見てきましたが、両者に共通するのは、いずれも「任用資格」だということです。

つまり、資格を取得しただけでは職業名として名乗ることができず、これらの資格を生かせる仕事に任命されることで、初めて効力が発揮されます。

また、いずれの資格も国が定める養成施設(大学等)などで所定の科目を修了することで、取得することが可能です。