司書教諭になるには

教員免許を取得し、司書教諭講習を受ける

「司書教諭」とは、小・中・高校などの図書室において司書として業務に当たれる知識や技術を持った教諭のことです。「司書」の資格と「司書教諭」の資格は別のものです。教員免許を持っていて、かつ司書教諭の講習を修了した者が、司書教諭の資格を取得することができます。

司書教諭として働くためには、教員採用試験に合格し、学校で教師として採用され、その後、校長から司書教諭として任命される必要があります。

教員免許と同時に取得するのがおすすめ

この職を目指す人は、まず教員免許が取得でき、なおかつ「司書教諭講習科目」が受講できる大学や短期大学で学ぶとよいでしょう。

なぜなら、司書教諭の資格を取る方法で最も勧めたいのが、学生時代に教員免許と平行して司書教諭の資格も取得しておくことだからです。

もちろんこれ以外にも、教員免許を持っている人であれば、大学・短大卒業後に「学校図書館司書教諭講習」を修了したり、通信教育などを利用したりして資格を取得する方法もあります。

ですが、大学や短大を卒業してから新たに図書館業務について勉強し、単位を修得するのはかなりの努力を要します。時間的にも経済的にも負担が大きい、と思って臨むに越したことはありません。

それでも、全国には非常勤講師などをしながら司書教諭の資格取得に励んでいる熱心な人も大勢います。

勤務校の環境

12学級以上の小・中・高等学校には、必ず司書教諭を配置しなければなりません。11学級以下の学校でも司書教諭を置き、図書指導や図書館を基点とした学習に力を入れているところもあります。

ただ、司書教諭がいない学校もあります。せっかく司書教諭の資格を持っていても、環境次第で図書館業務に携われない場合があるのです。

公立校の場合、勤務先を自由に選べるケースは稀なので、司書教諭として活躍できる学校に赴任するか否かは「運次第」です。しかし長い教員生活を考えると、司書教諭を必要とする学校で働く機会が訪れる可能性はあるでしょう。

校長から任命

司書教諭は「任用資格」です。つまり、司書教諭の資格を取得さえすれば誰でもすぐに司書教諭として勤務できるのではなく、校長から「司書教諭を任じます」と命を受けない限り、司書教諭を名乗れないのです。

ただし、多くの学校で三学期になると次年度の校務分掌(学校内での役割分担)の希望調査が行なわれますので、その際に司書教諭として業務に当たりたい旨、管理職に伝えれば希望が叶う可能性が高まります。

司書教諭の今後

子どもの本離れが教育上の課題となっています。学校図書館法が改正され、全国の小中高の学校に司書教員を配置することが義務付けられました。

本のスペシャリストとして、子どもに読書の楽しさを教えることができる司書への期待は高まっています。

仕事体験談