心理カウンセラーへの転職

安定して働ける求人は決して多くない

心理カウンセラーは、近年、人気が高まっている仕事のひとつのようです。

価値観の多様化、社会の複雑化にともなって心の問題を抱える人が増えていること、また占いなどから「心理学」という分野に興味を持つ人も多く、次第に「心理に関わる仕事がしたい」という気持ちがつのり、すでに他の仕事をしていた人が心理カウンセラーへと転身を目指すという例もよく聞かれます。

しかしながら、心理カウンセラーへの転職は決して甘くないというのが実情です。

というのも、心理カウンセラーは、それ自体が職業としてしっかりと確立されているわけではありません。

「人の相談にのる人」全般を指す言葉として使われることが多く、実際のところ、どのような職場で、どのような仕事をするかが定義されているわけでもなければ、非常に曖昧な状態で使われることもあります。

なかなか良い仕事が見つからず、パートや非常勤の形で安い給料で働く人もいれば、ボランティアとして活動する人もいます。

安定して長く働き続けられる求人はそこまで多くありませんし、未経験者がいきなり参入するのは厳しいことは事実です。

少しでも有利に働きたいのなら「臨床心理士」の資格を

それでも、心理カウンセラーといわれる分野の仕事に就きたいのであれば、「臨床心理士」の資格を取得するのに越したことはありません。

心理系の仕事は経験が強みになりますが、採用条件として臨床心理士の資格を持っていることが掲げられるケースも多いため、職場によっては未経験でもこの資格があれば優遇されることもあるからです。

ただし、臨床心理士を取ったからといって、100%就職に結びつくわけではありません。

臨床心理士になるには大学院で学ぶなどの努力が必要になるため、そこまでの時間とお金をかけてもこの仕事を本気で目指していきたいか、しっかりと考えておいたほうがよいでしょう。

臨床心理士の仕事

すでに臨床心理士、あるいは各領域で心理カウンセラー業務に就いている人たちも、日々地道に経験を積みながら実力を高めています。

心理カウンセラーは一見楽しそうに思える仕事かもしれませんが、決して簡単に成功できる仕事ではないのです。