生活相談員の現状と将来性

専門性の高い人材が求められている

生活相談員という仕事は、ひとまず「社会福祉士」の国家資格や「社会福祉主事任用資格」などを持ってさえいれば、就職して働くことができます。

しかしながら、本当に現場で活躍できるだけの力をもった生活相談員は、まだまだ足りないといわれています。

生活相談員は、主に施設の窓口として内外の関係者と連携・調整を行ったり、利用者の相談業務や利用の手続きに関わる事務業務を中心に進めていきますが、仕事をするうえでは介護の仕事そのものを理解することが不可欠です。

利用者やその家族と直に接する立場だからこそ、その人たちがどのような状況に置かれ、どのようなニーズを持っているかがわからなければ、相手に信頼してもらえるような仕事はできません。

また、この仕事はいわば施設における「何でも屋」としての活躍も期待されるため、広い視野をもって介護業界全体のことを見渡しながら、専門知識を発揮していく必要があるのです。

介護サービスの充実とともに生活相談員の需要が高まっているなか、よりいっそう介護の仕事に深い関心を持ち、専門性を深めていけるような人材が求められています。

ステップアップすることが大切

意識しておきたいのは、たとえ生活相談員になったとしても、そこがゴールではないということです。

この仕事は経験がおおいに生かせますから、日々の業務の中から何かを学び、より多くの利用者を笑顔にしていくという前向きな気持ちが求められます。

なお、介護業界は他の業界に比べると、今のところ給与水準がやや低めとなっています。

若いうちは安月給でも何とか生活できるかもしれませんが、長期的に働くことを考えれば、やはりそれなりの給与を得ていくことは欠かせません。

そのためにも、常にスキル向上のために努力する必要があります。

たとえばケアマネジャーとなって業務範囲を広げたり、マネジメントにまで携わっていけるだけの能力が身につけば、その分だけ収入アップも期待できます。

ケアマネジャーの仕事

介護の仕事は今後も需要が高まることが予想されますが、将来性ということを考えると、どんどんステップアップしていきながら自らの価値を高める必要があるといえるでしょう。