生活相談員の就職、求人募集状況

就職のチャンスは大きい

高齢化社会が進んでいくなか、介護の仕事に対するニーズが高まっています。

とくに、生活相談員は老人福祉施設などにおいて必ず配置しなくてはならない職種であるため、安定した需要があるといえるでしょう。

また介護サービスは全国どの地域でも必要とされるため、資格や経験があれば、どこでも働く場所を見つけやすいということは、この仕事の特徴といえるでしょう。

しっかりとした経験を持っている人は、引く手あまたの状態になるでしょう。

介護サービスは今後もより発展していくものと考えられますから、これから就職を目指していく人にとっても、まだまだチャンスがある仕事だといえます。

最近は、未経験者でも現場で仕事を覚えるといった形で採用されることも増えていますが、早いうちに生活指導員の資格要件を満たす社会福祉士などの資格を取得しておけば、より優遇された形で就職しやすくなるでしょう。

求人情報の探し方

求人情報は、各施設のWebサイトに掲載されるほか、福祉系・介護系専門の求人サイトでも見つけることができます。

現状のところ、地域問わず、年間を通じて常に求人は出ている状態です。求職者は、複数の施設の中から働きたいと思えるところを選ぶことができるでしょう。

ただし、注意しておきたいのは生活相談員といっても、業務内容は施設によって異なるという点です。

もちろん、利用者やその家族との相談業務や事務業務、内外関係者との連携などが主な仕事となりますが、場合によっては介護職員の兼務を求められることもあります。

なかには、生活相談員という名称でありながら、ほぼ介護の仕事ばかりということもあるようです。

求人情報をチェックする際は、どうしても給与や待遇面にばかり気がいきがちですが、いざ働くことなって「思っていたのと違った」ということにならないよう、実際の仕事内容にまでしっかりと踏み込んで調べたほうがよいでしょう。