細胞検査士の1日

細胞検査士の仕事の流れ

細胞検査士の多くは、大学病院や総合病院を中心とする病院や、検査を専門に行う検査センターで働いています。

細胞の検査を専門的に行う職種であるため、勤務時間の大半の時間が検査業務で占められています。

検査の流れとしては、まず医師が患者さんから採取した細胞をガラスに塗り、専用の染色液で染め上げて標本を作製します。

そのうえで、顕微鏡を使って標本を観察していきます。

染め上げられた標本は細胞の形状が見えやすくなっており、その形が正常ではないように変化している場合、がん細胞、あるいはがん化する前の異形成細胞を発見することができます。

問題のない良性細胞と悪性細胞を区別し、報告書を作成することが細胞検査士のおもな役割となっています。

検査センターで働く細胞検査士のある1日

08:15 出勤
白衣に着替えて身なりを整え、仕事の準備をします。
8:30 勤務開始
顕微鏡を用いて、採取した細胞の標本を観察していきます。

間違いは許されない仕事であるため、一案件ずつ集中して進めていきます。

午前中はひたすら観察を続けます。

12:00 休憩
昼食は持参した弁当を食べることが多いです。

つかの間のリフレッシュの時間です。

13:00 標本観察
午後も引き続き顕微鏡での標本観察を続けます。
15:00 標本作製
観察が一区切りついたところで、翌日分の標本を作製します。
17:30 勤務終了
その日に使った器具や資料をきれいに片付けてから仕事を終えます。

残業は基本的にない場合が多いです。

18:00 勉強会へ
細胞検査士は、知識や技術レベルの向上のために、つねに新しい情報を入手して勉強を続けることが求められます。

そのため、勤務時間外に外部で開催されるセミナーや学会、研修会などに参加することもあります。