仕事内容

細胞検査士の現状と将来性

就職や転職は厳しい状況 細胞検査士は、もともと国家資格である「臨床検査技師」がより専門性を高めようとするなかで取得する認定資格として位置付けられており、実際に臨床検査技師として経験を積んできた人が、細胞検査士になるケース […]

細胞検査士と臨床検査技師の違い

仕事内容の違い 細胞検査士と臨床検査技師は、職種名こそ異なるものの、かなり近しい領域で仕事をすることになります。 それぞれの仕事内容を見ていくと、細胞検査士が、医師の採取した人体の細胞を観察し、がん細胞などを見つけ出す「 […]

細胞検査士のやりがい、魅力

がんの早期発見につながる 「がん」という病気は、日本人の死因の第1位になっています。 医学が進歩するなかでがんの治療法の研究は日々進んでいますが、細胞検査士が実施する細胞診は、がん細胞や、正常かどうか怪しい細胞を顕微鏡を […]

細胞検査士のつらいこと、大変なこと、苦労

判断が難しい細胞に遭遇すること 細胞検査士の役割は、細胞を顕微鏡で観察して、「顔つき」といわれる細胞の状態などを確認することです。 もし細胞が悪い方向に変化していれば、がんを早期に発見することができますが、実際に日々検査 […]

細胞検査士の1日

細胞検査士の仕事の流れ 細胞検査士の多くは、大学病院や総合病院を中心とする病院や、検査を専門に行う検査センターで働いています。 細胞の検査を専門的に行う職種であるため、勤務時間の大半の時間が検査業務で占められています。 […]

細胞検査士の仕事、業務内容

人間の体の細胞の状態を観察する 細胞検査士は、人体の細胞の一部を顕微鏡で観察する「細胞病理検査(細胞診)」を行い、がん細胞など正常ではない細胞を発見する仕事です。 人間の体の中には約60兆個の細胞があり、それらの細胞が何 […]