作業療法士の就職・採用・募集状況

作業療法士のニーズは大きい

リハビリテーションの現場から見ると、専門知識を備えている作業療法士のニーズは大きいといえます。

求人も一年を通じてよく見かけることができ、就職にはまったく困らないように思えるかもしれません。

しかし、実際に作業療法士を目指していく人は、どのような領域で働きたいのか比較的ハッキリしていることが多く、就職先を自分自身でしっかりと選んでいく傾向にあります。

そのため、なかには就職活動がうまく進まない人もいるようです。

高齢化社会が進み続ける今、これから作業療法士の活躍の場はさらに広がっていくことが予想されます。

しかし、近しい職業である「理学療法士」とのすみ分けが明確になっていない現場もあり、職場によっては理学療法士とほぼ同様の仕事を任されることもあるようです。

職業としての将来性は十分にあるといえますが、どのような勤務先を選ぶかによっても、働く環境や就職の難しさが変わってくることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

給料や待遇がよい職場は、倍率も高い

作業療法士の代表的な職場は、病院をはじめとする医療機関です。

しかし、病院といっても立地や規模はさまざまであり、また給料や待遇もだいぶ異なることがあります。

都市部の大きな病院や、充実した待遇の下で働ける病院は、どうしても人気が高まる傾向にあり、就職倍率も高くなりがちです。

さらに、待遇がよい職場であると退職者も出にくいという傾向があります。退職者が少なければ新規に人員を募集する機会も減り、それも倍率を高めるひとつの要因になり得ます。

とはいっても、決して倍率が高い病院だけがよい職場ということではありません。

給料や待遇なども大切ですが、自分に合った環境の職場を選ぶことが何より大切です。

作業療法士の数は増え続けている

現在、作業療法士の活躍の場は医療現場のみならず、福祉領域にも大きく広がっていますが、同時に作業療法士の国家資格を持つ人の数も増え続けています。

まだしばらくは、安定した求人が見込めると考えられますが、将来的には現時点よりも就職が厳しくなる可能性も十分に考えられます。

そうした時代の変化にも対応できるよう、早いうちから基礎をしっかりと身につけ、専門性を深めていきながら得意分野をつくる努力を惜しまないことが大切です。

仕事体験談