臨床工学技士の仕事内容

医療機器のスペシャリスト

臨床工学技士の仕事は、医師の指示を受け、生命維持管理装置の操作を行ったり、それらの機器の保守点検を行うことです。

一般的に「CE(ClinicalEngineer)」または「ME(MedicalEngineer)」とも呼ばれています。

現在、多くの最新医療機器に支えられ臨床現場は発展しています。その中で臨床工学技士の担う役割は医療機器を操作し安全を確保することです。

医療機器は年々高度になり複雑化しています。その中で、臨床工学技士は現在の医療に不可欠な医療機器を扱うスペシャリストとして、チーム医療に欠かせない存在となっています。

臨床検査技師の業務

1.血液浄化療法業務

血液浄化療法には、「血液透析療法」「血液濾過療法」「血漿交換療法」「血液吸着法」などがあり、体内に貯まった老廃物などを排泄または代謝する機能が働かなくなった場合に行います(人体の腎臓機能の役割を補うため)。

2.手術室業務

手術室には数多くの機器があり、手術が安全に行われるためには機器の操作や事前の管理が重要です。

たとえば心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)などの機器が使われます。その際の機器の操作や使用前の点検などを行います。

3.集中治療室業務

集中治療室は別名ICUと呼ばれ、心臓や頭などの手術をした後の患者さまや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療するところです。

ここでは、人工呼吸器や除細動器などの生命維持管理装置の操作や点検を行います。

4.呼吸療法業務

主に急性期と慢性期に分かれます。急性期はICUでの呼吸器管理の延長を主な業務としています。

患者さんに意識がないのも大きな特徴です。慢性期では神経や筋肉に疾患のある患者様の呼吸器管理を行います。

まだ新しい分野でもあるので得意とする工学技士も少ないのが特徴です。

5.高気圧酸素療法業務

高気圧酸素療法とは、高い気圧の下で酸素を吸入させることで血液中の酸素を増やす治療法です。主に潜水病などの治療に効果を発揮します。

6.医療機器管理業務

院内で使用されている医療機器の安全を確保するための仕事です。定期点検や終業点検または修理などを行い、いつでも院内で使用できるように管理します。

勤務先による仕事の違い

総合病院では1〜6のすべてを行うことが多いです。透析クリニックなどでは1と6の業務を行います。

筋・神経疾患専門の病院では4と6の業務を行います。循環器専門の病院では2,3,6の業務を主に行います。

臨床工学技士が扱う医療機器

臨床工学技士が扱う医療機器には下記のようなものがあります。

人工心肺装置

心臓の手術中など、一時的に心臓を止めるときに使う装置で、心臓と肺の代行をします。

人工透析装置

血液中の老廃物を取り除いたり、余分な水分を取り除いたりする装置です。腎臓の機能が低下する腎不全の患者に使います。

人工呼吸器

呼吸が停止してしまったり、自力で呼吸することが困難な患者さんに用います。手術室や集中治療室などで使用されています。

臨床工学技士はこれらの装置を適切に操作したり、いつでも問題なく使えるよう保守、点検を行います。

人工透析の仕事が多いですが、病院勤務の場合には、手術中や集中治療室などで機器を操作する業務もあります。

操作ミスが許されず、大きな責任がある仕事です。