音楽療法士になるには

音楽療法士の民間資格を取得する 音楽療法士には公的な資格がないため、どのような人でも音楽療法士として働くことは可能です。 ただし、専門性が問われる職業であることから、音楽療法について専門的に勉強して知識を備える必要があり … 続きを読む

音楽療法士に向いている人・適性

音楽が好き 音楽療法士は音楽を活用することで、身体や心に病を抱えている人や日常生活を送ることが困難な人に対し、相手を元気にしたり、コミュニケーションの機会を提供していきます。 日々、音楽と接する仕事なだけに、まずは自分自 … 続きを読む

音楽療法士の現状と将来性

音楽療法士の現状 近年、職業としての音楽療法士の認知度が徐々に高まっています。 精神科をはじめとする病院や個人経営のクリニック、高齢者施設、学校、あるいはNPO法人など、その活躍の場も多岐にわたっています。 しかしながら … 続きを読む

音楽療法士の資格

音楽療法士は民間資格のみ 最近では音楽療法士という職業の認知度が徐々に高まってきましたが、この職業に関連する資格に関していえば、現在のところ国家資格は存在せず、民間の認定資格のみとなっています。 音楽療法系の民間資格はい … 続きを読む

音楽療法士の求人・採用募集状況

音楽療法士としての求人は多くない 「音楽療法士」という職業の認知度は少しずつ高まってきたようですが、まだこの職業での採用募集がかけられることはあまり多くありません。 音楽療法士の活躍の場になりうる場として高齢者施設や精神 … 続きを読む

音楽療法士に必要なこと

音楽と心理学の知識 現在のところ、音楽療法士として働くのに絶対に必要な資格はありません。しかしながら、この仕事は専門性を要するものであるため、まず音楽に関する知識は必要です。 また、現場では自らピアノやギターなどを演奏す … 続きを読む

音楽療法士の志望動機、面接

志望動機 音楽療法士は、身体や精神上の障害を持っている人などに対して、音楽の力を活用したリハビリテーションや、生活の質を高めるためのサポートを行っています。 音楽を聞かせたり、一緒に歌を歌ったり演奏したりするなど音楽と日 … 続きを読む

音楽療法士への転職

まずは音楽療法について学ぶ 音楽療法士には国家資格がないため、誰でも音楽療法を行うことは可能です。 ただし、その内容は専門性を要するものであり、音楽大学や専門学校等で音楽療法について学んだ人でなければ、音楽療法士の仕事を … 続きを読む

副業、兼業の音楽療法士

専業の音楽療法士は少ない 音楽療法は、もともとアメリカで生まれ、発展してきたものです。 日本では、音楽療法の効果や重要性が、近年ようやく認識され始めてきたことや、音楽療法士がまだ国家資格化されていないことなどから、この仕 … 続きを読む

音楽療法士になるための費用

音楽療法士を目指すにあたって 音楽療法士には国家資格はなく、いくつかの自治体や団体、学校が認定する民間資格が複数存在する形となっています。 どの資格を取得しても構いませんし、また、特別な資格を取得しなくては仕事ができない … 続きを読む

音楽療法士の試験の難易度

まずは受験資格を得ることから 音楽療法士には国家資格がなく、いくつかの民間資格が存在しています。 その民間資格のうち有名なものが「日本音楽療法学会」が認定する音楽療法士の資格です。 学会認定音楽療法士を取得するには、まず … 続きを読む

音楽療法士の通信講座

通信で音楽療法士を目指す 音楽療法士になるために、絶対に必要とされる資格はありません。 現在は国家資格が存在せず、複数の民間資格が存在するのみとなっており、資格を持たなくても音楽療法を実践することは可能です。 ただし、音 … 続きを読む

海外の音楽療法士

海外でも音楽療法士は活躍できる 音楽療法士は、近年、日本国内で注目を集めるようになってきた職業のひとつですが、海外でも医療や福祉などの現場で、音楽療法は盛んに行われています。 とくにアメリカの音楽療法は有名です。 アメリ … 続きを読む

看護師が音楽療法士の資格を取得するには

看護師と音楽療法士の関わり 病気や障害を持つ人に対して、基本的動作能力の維持向上や、社会性を高めるために音楽を使ってアプローチする音楽療法士。 福祉や医療、教育などのさまざまな領域で求められており、病院でも活躍することが … 続きを読む