キックボクサーのやりがい、魅力

戦いぶりで観客の心を動かすこと

キックボクサーにとってのやりがいは、やはりファンの前で試合を行うことです。リングに立ち、ファンの熱い声援を受けるために、日々の苦しいトレーニングを続けているというキックボクサーは少なくありません。

トレーニングの成果を試合で発揮して、観客の大声援を受けることがキックボクサーとしての大きなやりがいです。

もちろん勝負ごとですから、試合に勝って大声援を受けるに越したことはありませんが、たとえ負けても、観客の心を揺さぶる戦いはできます。

試合には負けても、大きな声援を受ければ、それが次の試合に向けたモチベーションとなります。

後楽園ホールが熱いファンで満員になる

現在、キックボクシングは、日本ではマイナーなスポーツと見られています。しかし、後楽園ホールでの興行は、約2000人収容の会場がほぼ満員になります。

会場は熱気に包まれ、熱心なファンに支えられていることがよくわかります。

会場が小さいので、選手とファンの距離が近いこともキックボクシングの特徴です。人気スポーツのように、選手をガードする警備員などもいません。

チャンピオンとファンが親しく話していたり、ファンが手紙やプレゼントを手渡しもしています。選手とファンが近いだけに、その戦いぶりがファンの心に訴える力も大きくなります。

キックボクシングの熱心ファンには、中学生や高校生も少なくありません。

その中には声をかけられず、柱の影からじっと見ているような生徒もいるようですが、彼らはインターネットなどを通じて、キックボクサーたちが仕事とキックボクシングを両立させていることを知っています。

彼らにとっては、キックボクサーがヒーローであり、がんばっている姿を見せることが彼らの心の支えにもなっています。

元日本チャンピオンは、「柱の影や通路の端っこでこちらをずっと見ているのがわかるんです。こっちもあえて声をかけたりしないですけど、そういうファンのためにもがんばろうという気持ちになります」と話していました。

全体としてはファンの数が少ないだけに、どんなファンの存在も、キックボクサーにとって大きなやりがいになっています。