キックボクサーに向いている人・適性・必要な能力

キックボクサーに向いている性格・適性

魔裟斗は、2008年「K-1 WORLD MAX」で世界王者になったとき、リング上でのインタビューに答えて、「俺は1%の才能と99%の努力でここまできた。継続は力じゃないけど、ずっと続けてきたことがこのチャンピオンベルトにつながったと思います」と話していました。

魔裟斗がK-1チャンピオンになったのは、キックボクサーとしてデビューしてから9年目のことです。

デビュー直後には、ライバルとされた小比類巻貴之と対戦し、ヒザ蹴りの連打を受けて3RKO負けをしています。

直前になって試合への出場を拒否して「敵前逃亡」と批判されたこともありますし、判定負けした後、控室へ向かう通路で号泣したこともありました。

それでもコツコツと努力を重ね、絶頂期のK-1で2度も世界王者に輝きました。1%の才能を毎日のたゆまぬ努力で花開かせたのです。

キックボクサーとして長く選手生活を続けられるのは、この魔裟斗のように、基礎技術のレベルアップと1%の才能を開花させるため、コツコツと努力を続けられる人です。

キックボクサーになるには

キックボクサーに必要なスキル・能力

仕事とキックボクシングを両立させなければならない

キックボクシングが大好きなことに加え、相当な覚悟がなければ、長くは続けられないでしょう。

キックボクサーとして活動しようと思うと、耐えねばならないことが多いからです。

まず、キックボクシングでは、たとえ日本チャンピオンや世界チャンピオンになったとしても、ファイトマネーでは生活できません。

他の仕事をもつか、アルバイトをすることになりますが、強くなるには、最低でも週5日はジムに通い、2、3時間のトレーニングをする必要があります。

平日、仕事帰りにジムへ寄れば、帰宅は夜の9時か、10時頃。クタクタで、お風呂に入って寝るしかないという生活が続きます。

仕事とボクシングを両立させることは、心身ともに大変です。

相当な痛みや体へのダメージにも耐えられる人

キックボクシングでは、パンチとキックに加え、ヒジ打ちや膝蹴り、首相撲も認められています。

とくにヒジ打ちや膝蹴りの威力は強烈で、まともにくらえば相当な痛さで、ケガや打撲をすることも頻繁にあります。

キックボクサーは顔やボディへのダメージや相当な痛みにも、じっと耐えなければなりません。

さらに、まともにヒジ打ちや膝蹴りを受けても、逆襲に出るくらいの闘争心も必要です。

高校を中退した魔裟斗が、キックボクシングを始めた理由は「ケンカにつかえそう」だったそうです。

しかし、実際にケンカに使うのは論外ですが、それくらいの強い気持ちがなければ、キックボクサーとして第一線で戦い続けるのは難しいでしょう。

キックボクサーに向いていないのはどんな人?

キックボクシングの1ラウンドは3分と長くはありませんが、相手に的を絞らせないように動き続けるスタミナとスピードが要求されます。

加えて、決して恵まれてはいない環境や報酬の中でも「チャンピオンになる」という高い目標に向かって努力を続けない限り、栄光に手は届きません。

また、格闘技である以上、相手からの攻撃を受ける痛みを伴います。

こうした厳しさに打ち勝って、さらにハードなトレーニングを積める強い心を持ったものでなくては、キックボクサーとしての成功はのぞめません。