キックボクサーの給料・年収・待遇

キックボクサーの収入の仕組み

ファイトマネーだけでは生活できない

キックボクサーの収入は、試合に出場した時にもらうファイトマネーです。

サラリーマンのような給料はありません。試合に出場しなければ、収入はゼロです。

試合に勝てば他にはない満足感を得られますが、実力と人気がすべての世界であり、怪我や体力の衰えなどで試合に出られなくなってしまえば、収入はなくなってしまいます。

しかも、ファイトマネーが、そのまま自分の取り分とはなりません。

所属ジムに2〜3割ほど差し引かれ、税金も支払わなければなりません。

ファイトマネーをもらっても、手取りはその半分程度といわれています。

キックボクシングだけで生活できませんので、ほとんどの選手が、他の仕事をしているか、アルバイトをしています。

ファイトマネーがチケットで払われることも

団体や試合によっては、ファイトマネーがチケットとして払われることもあります。

たとえば、ファイトマネーとして、1万円のチケットを20枚もらったとしたら、チケットを売って得た金額が自分の取り分です。

試合が近くなると、友人や知人、親せきなどにチケットを売らなければなりません。

計算上は、1万円のチケットを10枚売れれば、10万円が収入となります。

しかし、現実にはほとんどのチケットを割引価格で販売しています。

なかには、チケットをプレゼントすることもありますので、自分の取り分はほんのわずかということも珍しくないのが実態です。

団体や試合によっては、チケットの販売ノルマもあります。

たとえば、1万円のチケットを1枚5000円の割引価格で10枚購入し、売った分が自分の収入になるケースなどです。

その場合、チケット購入費用の5万円は自己負担ですので、チケットが5万円分以上売れれば、自分の収入になりますが、それ以下なら出費になります。

たいていの試合は、東京都で行われます。

そのため、都内はもちろん首都圏在住の選手は、試合会場近くに友人や知人、親せきが多くチケットを販売しやすいですが、地方の選手はチケットの販売に苦労するようです。

スポンサーが支援してくれる選手もいる

将来を期待されたり、何らかの魅力をもつ選手にはスポンサーがつくこともあります。

たとえば、ファイトマネーをチケットで払われても、スポンサーがすべてのチケットを買ってくれたりします。

また、スポンサーの会社などで雇ってもらい、試合やトレーニングを優先した生活を送っている人もいます。

キックボクサーの平均年収・収入

ファイトマネーは1試合数万円から

ファイトマネーの額は、団体によって異なりますが、日本チャンピオンでも一試合数万円から十数万円といわれています。

試合数は、多くても年間10試合前後ですので、ファイトマネーによる収入は、日本チャンピオンクラスでも年間30万円を超えればいい方です。

人気、実力を兼ね備えた選手でも、年間100万円を超えるかどうかといわれます。

そのため、キックボクサーは試合のほかに会社員として働いたり、アルバイトをして稼いでいます。

建設会社で正社員として働くキックボクサーの例

大阪でキックボクシングをするある25歳の男性は、建設会社で正社員として働いています。

平日は、早朝から高速道路の建設現場に出て働き、仕事が終わると、会社近くのボクシングジムに通います。

建設会社で働いたのは、社長が祖父の知り合いで、キックボクサーとしての活動にも理解をしてくれたからです。

現役引退後も、建設会社で働き続けたいと考えて、大型重機の免許を取得したり、各種の講習を積極的に受講しています。

また、現場では、筋力トレーニングの代わりと思って、積極的に重労働もして身体を鍛えるようにしています。

レストランでアルバイトをするキックボクサーの例

東京都に住むある21歳の男性は、昼間と深夜にレストランでアルバイトをしています。

平日は、午前10時にレストランに入って午後2時まで働き、4時頃にジムへ行きます。

2〜3時間練習して7時に店へ戻り、深夜0時まで働いています。

アルバイト先をレストランにしたのは、まかないの食事がついているからです。

アルバイトの合間に、昼食と夕食を食べさせてもらっています。

仕事内容は、厨房で料理の仕込みをしたり、皿を洗ったり、片づけです。

キックボクシングの試合で顔がはれることがあるので、お客さんと接するウェーターではなく、厨房での仕事に限っています。

兼業は大変だが、好きなキックボクシングができて充実

勤務とトレーニングの日々は、肉体的にきついものがあります。

それでも大好きなキックボクシングに打ち込み、毎日のようにジムで仲間たちと接する日々は、とても充実しているという選手が多いです。

キックボクサーのトップ選手の年収

日本のキックボクサーでトップクラスの実力を誇る、那須川天心という選手がいます。

2つの団体でチャンピオンになった那須川選手は、年末に行われる格闘技のビッグイベント「RIZIN」でも活躍しました。

また、自身はキックボクサーでありながら「ボクシングルール」での対決を受け入れて、元ボクシング世界五階級制覇王者のメイウェザー選手とも対戦しました。

一つひとつの試合におけるファイトマネーは公表されていません。

しかし、那須川選手が数台の高級車を所有していることから、かなりの年収があると推察されます。

対戦する相手によっては、一試合で一千万円近いファイトマネーが入る可能性もあります。

こうしたトップクラスの選手になるためには、実力はもちろん、スター性も必要です。

簡単なことではありませんが、実力があればこうした夢をつかむことも可能なのがキックボクサーです。

キックボクサーの待遇の特徴

キックボクサーは試合で得られるファイトマネーが収入となるため、実力はもちろん、見ている人をひきつけるスター性も必要です。

トップクラスの選手となって大きな試合に出るようになれば、一試合で大きな収入が得られます。

一方で、試合の結果がそのまま収入に反映され、けがによって試合ができなくなったり、場合によっては引退を余儀なくされることもあります。

大きなけががなくとも、筋肉や動体視力の衰えから、30代で引退する選手が多い競技です。

引退以降、仕事をしなくてもよいほどの金額を稼げる選手はほんの一握りです。

現役時代から正社員やアルバイトをしながら収入を得ている選手もいます。

引退後も続く長い人生のプランをきちんと考えておくことが必要です。