キックボクサーの現状と将来性

かつては国民的人気を誇ったキックボクシング

キックボクシングは、日本で興行の始まった1966年から約10年間、非常に高い人気を誇りました。沢村忠という国民的ヒーローがいて、試合はゴールデンタイムにテレビ中継されていました。

また、沢村忠の生い立ちや活躍ぶりを描いた漫画『キックの鬼』が、当時の子供たちにも大人気で、プロ野球やプロレス、大相撲などと並ぶ人気スポーツの一つでした。

しかし、沢村の衰えとともに、国民的な人気も衰えていきます。1976年に沢村が現役引退を発表すると、キックボクシングの人気もあっという間に低下しました。

1990年代になると、ルールの近いK‐1が大ブームになりましたが、キックボクシング界は選手を送り込むだけで、キックボクシングの人気まで回復することはありませんでした。

現在の人気は高くないが、熱心なファンは存在

現在も、キックボクシングの人気はそれほど高くありません。ですが、熱心なファンは全国に存在しています。

いくつものキックボクシング団体が、それぞれに興行を行っていますが、約2000人収容の後楽園ホールがほぼ満員になります。また、CSのスポーツ専門チャンネルでは、試合の様子も放映されています。

キックボクシング関係のジムも、数は多くありませんが、全国の大都市にはありますので、キックボクシングを始めようと思えば、近くのジムに入門して練習生になることができます。

いくつもの団体が乱立し、ルールもバラバラ

問題は、ボクシング界の日本ボクシングコミッション(JBC)のような統一組織がないことです。いくつもの団体が乱立し、それぞれが興行を行っていますし、プロテストも各団体が実施しています。

日本チャンピオンも団体ごとに存在するような状態で、そればかりか、ルール自体も団体によって微妙に違っています。

そもそも、世界を見渡しても、キックボクシングとして統一されたルールはありません。呼び名もタイの「ムエタイ」を始め、「タイ式キックボクシング」、「キックボクシング」、「キック・ボックス」など世界各地でさまざまです。

世界チャンピオンも、日本人が創設したWKBA、アメリカで設立されたWKAやISKA、イタリアに本部のあるWAKO、タイ政府公認のWMCなどがありますが、どれも認知度が低く、本当の世界一を決める体制にはなっていません。

もちろん、それぞれの団体にはそれぞれの主張やこだわりがあって、それぞれの方針に基づいて運営されているのですが、外から見ると、非常にわかりにくいというのが現実です。

そして、このわかりにくさが、キックボクシングの人気が上がらない最大の理由だと指摘する声もあります。

現在、日本のキックボクサーは、タイのムエタイ王者をめざすことが主流になっています。ですが、ムエタイの主要スタジアムには軽量級と中量級しかないため、重量級の選手は出場できません。

K‐1や総合格闘技などの大会に出場することになりますが、かつて大ブームとなったK‐1や総合格闘技も、現在は人気が衰えています。

国民的ヒーローが出現するかどうかが、将来のカギ

こういう事情もあって、日本のキックボクサーは、金銭的にはプロボクサーと比べても恵まれていません。

プロボクサーは、日本チャンピオンになれば、ファイトマネーだけで生活することもできますし、世界チャンピオンになれば、他のプロスポーツの一流選手並みの収入を得ることができます。

しかし、キックボクシングでは、世界チャンピオンになってもファイトマネーだけで生活するのは難しいです。そのため、プロのキックボクサーといっても、ほとんどが他に仕事をもつか、アルバイトをしています。

日本では、かつての沢村忠のような超人気選手が登場すれば、キックボクシングの人気も復活するかもしれません。キックボクサーでは魔裟人が有名になりましたが、その強さで一躍人気選手となったのはK−1が舞台でした。

キックボクシングの人気が復活するかどうかは、世界的にも強さが認められるヒーローが出現するかどうかにかかっているのではないかといわれています。