健康運動指導士と健康運動実践指導者の違い

「健康運動指導士」と「健康運動実践指導者」は、どちらも「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が認定する民間資格です。

両者とも地域社会の中で人々に健康のための運動を指導していくという点では同じですが、実際の仕事内容には違いがあります。

ここでは、それぞれの違いについて見ていきましょう。

運動プログラムを作るか、実践指導をするか

健康運動指導士は、保健医療の関係者と連携しながら、個々の心身の状態に応じた安全で効果的な運動をするための運動プログラム作成や、指導計画の調整などを行う仕事です。

一方、健康運動実践指導者は、医学的基礎知識や運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能を持ち、健康づくりのために作成された運動プログラムに基づいて実践指導を行う仕事です。

つまり、健康運動指導士は対象者一人ひとりに合った運動プログラムを作成する仕事、健康運動実践指導者は、健康運動指導士等によって作成された運動プログラムに沿って、現場で人々に運動の指導を行うということです。

活躍の場は地域社会

このように、健康運動指導士と健康運動実践指導者の役割は異なりますが、どちらも「地域社会」の中で活躍する仕事であることは同じです。

自治体あるいは民間の病院、フィットネスクラブ、高齢者介護施設、保健福祉施設など、「健康」に関わるさまざまな場所で働いています。

どちらの仕事に就くとしても、健康や栄養、運動生理学等に関する基礎知識は必須となりますが、健康運動指導士がより高いレベルの医学的な知識が要求されるのに対し、健康運動指導士は現場での指導力が求められます。

いずれもなるためには特定の学校で学ぶなどをしたうえで、協会が行う認定試験に合格する必要があります。

また、どちらの資格も5年ごとの更新が必要で、更新の際には講習会を受講する必要があります。