警察官の仕事内容

警察組織はさまざまな部門から成り立っており、各部門に配属された警察官たちがそれぞれの任務に当たっています。ここでは、警察の代表的な部門と、そのおもな仕事内容をご紹介します。

警察組織の概要

警察の組織は「警察庁」と「都道府県警察」の大きく2つに分けられます。

警察庁とは、国の行政機関であり、国家に関わる公安や警察組織全体の調整、各都道府県警察を監督などの役割を持ちます。基本的には国家公務員採用試験の合格者から採用されます。

都道府県警察とは、各都道府県が管理する警察組織で、その地域で発生した事件を担当します。

交番にいる警察官は都道府県警察に所属しています。なお、通常は「神奈川県警」「大阪府警」など各都道府県の名称がつきますが、東京都のみは東京都警とは言わずに「警視庁」という呼び方となります。

都道府県警察の部門別の仕事

地域警察部門

地域に密着し、市民の安全を守っています。交番や駐在所の「お巡りさん」もこの部門に所属しています。110番の対応からパトロール、道案内、職務質問、任意同行など、さまざまな仕事をこなします。

また、周辺で凶悪事件が起きたときは、張り込みや犯人の追跡を行うこともあります。

生活安全部門

ストーカーや悪徳商法、少年の非行など、生活に身近な犯罪に取り組みます。家庭へ防犯活動の呼びかけや学校での覚せい剤に関する講習、またストーカー被害など市民からの相談にものっています。

また、繁華街や遅い時間に出歩いている子どもの補導も行います。

刑事警察部門

強盗や殺人、盗難、詐欺、薬物などの取締りを行います。事件が発生すると現場に急行し、被害者からの事情聴取や周辺への聞き込みによって犯人を捜査します。

犯人が浮かび上がれば張り込みや尾行なども行い、犯人特定後には逮捕をし、取り調べを行います。

交通部門

白バイなどで街頭に出て、速度違反などさまざまな交通違反の取り締まりを行います。

また交通事故の捜査や交通安全指導、交通規制、暴走族対策などに関する仕事もあります。白バイの高い運転技術に加え、状況を判断する観察眼が必要となります。

警備部門

社会情勢の緊迫によるテロやゲリラなどを未然に防ぐために、国会や官庁、駅、空港などを警備します。要人の警護を担当するのも警備の役割です。

身近なところでは、お祭りやイベントなど大勢の人が訪れる場所での警備、災害時の救助活動、地域のパトロールなども行っています。

なお、機動隊もこの部門に所属しています。

総務・警務部門

警察組織をバックアップする仕事で、警察官が安心して仕事に取り組めるような労働環境を作ります。総務や広報、福利厚生、会計など、警察組織をきちんと整えるための活動を行っています。

デスクワークが中心ですが、事件などで手助けが必要になると応援に出向くこともあります。

仕事内容は幅広い!

このように、「警察官」といっても携わっている仕事はさまざまです。

市民と深く接しながら街の安全を守る警察官もいれば、「機動隊」や「白バイ隊」など、特殊な訓練を受けて厳しい現場でバリバリ活躍する警察官もいます。