歌手になるには

道は一通りではない

一般的な職業とは異なり、プロの歌手になるためには「こうすれば必ずなれる」という道は存在しません。強いて言うならば、音楽業界関係者の目に留まることですが、そこに辿り着くまでが大変と言われます。

音楽業界関係者の目に留まるためには、のど自慢大会やコンテスト、新人発掘オーディションなどに出ることや、ライブ活動などで実力や存在をアピールすることが必要です。また、レコード会社や音楽事務所にデモテープを送るという方法もあります。

他にも、現在ではインターネットの動画サイトを利用して自分の歌を発信したり、プロとして大手レコード会社に所属することを目標にインディーズレーベルに所属したりすることで、最終的にプロの歌手としてデビューする人もいます。

女優や俳優、声優から歌手デビューする

最初は女優や俳優、声優など演じる側の立場で仕事をし、最終的に歌手デビューする人もいます。歌手に必要なのは周りが魅力的だと思うカリスマ性、そして歌唱力です。

その点、女優や俳優、声優は既に人を惹きつける魅力を持っていますから、歌手展開への道も比較的容易くなります。

歌唱力を磨く

歌手の中には歌唱力が弱い人もいますが、歌手として長く続けるにはやはり歌唱力、表現力は重要です。歌手になるために抑えておきたいのは、声の出し方、歌い方のレッスン。

本格的に歌手を目指す人の中には、音楽専門学校に通ったり、ボーカルレッスンを受けたりしている人も珍しくありません。また、オペラ歌手やシャンソン歌手を目指すために音大の声楽学科に通う人もいます。

音大の声楽学科では、ポピュラー音楽とは違う歌い方、口の開け方や声の出し方、音楽に対する深い知識が学べます。

このエントリーをはてなブックマークに追加