このサイトはリポーターを目指す人のための情報サイトです。

リポーターとは?

リポーターは、新聞や雑誌などのメディアで、取材した情報を視聴者にわかりやすく伝える仕事です。芸能人の記者会見、スポーツの試合、事件や事故現場、流行のグルメやファッションなど、リポーターが追う情報はさまざまです。放送局ではアナウンサーや記者がリポーター役を務めることも多く、そこでの就職倍率は非常に高くなるでしょう。大きな放送局に就職し、経験を積めば年収1000万円以上を得ることも可能になってきますが、フリーランスで活動する場合は仕事量によって収入が大きく左右されている人もいるようです。もともと、リポーターはラジオ、新聞、雑誌などのメディアを中心に活躍できる仕事でしたが、これからは、インターネットなど新しいコンテンツを上手に活用することで仕事の幅を広げていける可能性があります。

リポーターの仕事内容

テレビやラジオ、新聞や雑誌などのメディアで、自分が取材した情報を視聴者にわかりやすく伝えるのがリポーターの仕事です。

ニュースキャスターがスタジオをメインに活躍するのに比べ、リポーターはニュースの現場を飛び回って取材相手の生の声を伝えるという使命があります。

若者の流行のファッションを追いかけるために街に出かけることもあれば、芸能人の結婚記者会見に出席して質問をすることもあります。

また、スポーツの試合を観戦して選手にインタビューしたり、有名なグルメを試食して感想を述べたりすることもあります。

そしてときには災害や事故の最新情報を伝えるためにヘルメットをかぶって現場に入ることもあり、その仕事内容は実にさまざまです。

リポーターになるには・必要な資格は?

リポーターになるために必要な資格というのはありません。

特定の資格や学歴よりも、情報収集能力やコミュニケーション能力、表現力などが必要とされる職業なので、就職をめざすのであればこのような能力を磨いておくことが大切でしょう。

リポーターになるために一番確実な道は、放送局にアナウンサーや記者として就職することです。

それ以外には、番組制作会社やタレント事務所に所属し、放送局や出版社からの依頼を受けて仕事をするという道もあります。

仕事の内容によって「芸能リポーター」「グルメリポーター」など、特定のジャンルに精通しているリポーターを求めていることもあるので、強い個性や得意分野がある人が採用されやすいこともあるようです。

リポーターに向いている人

さまざまな現場を飛び回るリポーターに欠かせないのは、高い情報処理能力です。

現場にいる人に取材をしたりディレクターと打ち合わせをしたり資料を読んだりしながら必要な情報を取捨選択し、リポーターとして何を伝えるべきかを自分の頭で判断できることが何よりも重要になります。

そして、情報を正確に詳しく伝えるための豊かな表現力も欠かせません。

的確な言葉を選び身振り手振りを使って説明することができなければ、見ている人によりわかりやすく伝えることができないからです。

このような情報処理能力や表現力に自信がある人は、優秀なリポーターとして活躍できる可能性が高いといってもよいでしょう。

リポーターの就職状況・雇用形態

リポーターという職業に憧れている人は多いかもしれませんが、実際にこの職業に就ける人の数は決して多くはありません。

その理由は、とにかく求人が少なく、応募者が多いことにあります。

リポーターを募集するのは主に放送局をはじめとするメディアになりますが、採用は毎年数人程度と非常に狭き門となっています。

とくに、放送局のアナウンサーや記者の正規雇用は最も競争率が高い枠と考えたほうがよいでしょう。

人気の職業だけに、この仕事に就くために何年も採用試験を受け続ける人も多いので、一度不採用になっても諦めない姿勢が大切です。

まずは地方の番組や地方の雑誌などからスタートしてキャリアアップをめざすというのもひとつの道です。

リポーターの給料・年収・待遇

リポーターの収入は、雇用形態や仕事量、人気や知名度によって大きな差があります。

一般的には、放送局のアナウンサーや記者として就職できると最も待遇が安定しており、ベテランになれば年収1000万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

一方、地方のテレビ局と出演契約をし、フリーランスの立場で週に2〜3本の仕事をこなすくらいの出演の場合は、月収にして5万円ほどということも珍しくないようです。

仕事の依頼が常にあるとは限りませんし、番組の改編や終了によって仕事が打ち切られてしまうというリスクもつきまといます。

正規雇用以外のリポーターはとにかく収入が不安定なことが多いので、レギュラーの仕事を確実にもらえるように実力を磨き、積極的に自己PRする努力が欠かせません。

リポーターの生活・勤務時間・休日

リポーターの仕事は、一般的な会社員に比べると、流動的なスケジュールの中で働くことが多いようです。

芸能リポーターの場合は芸能人の記者会見やイベント出演に合わせて仕事が入りますし、グルメリポーターの場合は飲食店の開業時間に合わせて取材スケジュールを組むのが一般的です。

また、事件や事故の報道をするリポーターの場合は、ニュースの速報が入り次第現場に向かうということも多いので、いつでも動けるようにスタンバイしておくことが求められます。

取材や撮影の現場ではスケジュール通りにいかないことも多く、ときには夜遅くまで仕事をすることもあります。

特殊な職業なだけに、「定時に出勤して定時に退勤し、残業がない」というような働き方が難しい一面があるので、よく理解したうえでこの業界に飛び込んだほうがよいでしょう。

リポーターの現状と将来性

リポーターは、今まではテレビやラジオ、新聞、雑誌などのメディアを中心に活躍していました。

しかし近年では、従来のメディアに加えて、インターネット上でも活動のチャンスが広がっています。

たとえば、動画サイトを見てみましょう。

流行の食べ物を試食したり、身近なものを使って面白い実験をしたり、人気のイベントを実況したりする動画が、高い人気を誇っていることがわかります。

こうした状況を考えると、これからの時代は、新しいコンテンツを上手に活用することでリポーターとしての仕事の幅を広げていける可能性があります。

アイディア次第で低予算で面白い番組を作ることもできるので、リポーターとしてさまざまな試みをしたい人にとってはうってつけの環境が整っている時代だといってもよいでしょう。