このサイトは声優を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「声優」

仕事内容
声優は、テレビや映画のアニメ作品のキャラクター等に声を吹き込む仕事です。アニメ以外にも、海外映画、ドラマ、ドキュメンタリーの吹き替え、ゲームのキャラクターボイス、テレビ・ラジオのナレーションなど、さまざまな映像作品で活躍しています。声優として人気が出ると、歌手としてCDデビューをしたり、コンサート・イベントに出演することもあるなど、まるでアイドルのような活躍ぶりを見せる人もいます。
なるには
声優になるには、基本的にまず声優養成所や声優スクールに入る必要があります。それらで基礎を学んだのち、声優プロダクションに所属することで、声優の各種オーディションが受けられるようになります。年齢制限はさほど厳しくありませんが、養成所に入る人は10代後半から20代前半が中心です。能力や適性等が認められない場合は、プロダクションに入れなかったり、なかなかオーディションに合格できなかったりするなど、非常に厳しい世界と言われています。
給料
声優はプロダクションに所属するのが一般的ですが、個人事業主であるため、会社員のように毎月決まった給料がもらえるわけではありません。仕事量や種類による「1本当たり」のギャラが収入となります。ただし、ギャラからは手数料等が引かれるため、手元に残るのは6割程度です。声優のギャラはキャリアが上がるほどアップし、年収1000万円以上を稼ぐ人もいますが、新人のうちは年収100万円に満たないこともあり、他の仕事と掛け持ちで働く人がほとんどです。
将来性
いま、世の中で知名度の高い声優は、ほんの一握りの人であることを知っておく必要があります。成功するのは大変で、実際、アルバイトをしながら何年もオーディションを受け続けている人は多くいます。ただし、アニメの制作数は増加傾向にあり、ネット配信やCS放送などアニメが流される場所も増えています。また、他の分野でも声優が必要とされる場は多く、年齢問わず活躍できる仕事であるため、まずは諦めない姿勢が大切だと言えるでしょう。