このサイトはユーチューバーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ユーチューバー」

仕事内容
ユーチューバーとは一般的に、ユーチューブ(YouTube)にさまざまな動画をアップロードし、その広告収入によって生活している人のことをいいます。ユーチューブの「パートナープログラム」に参加して動画を投稿すると、視聴数に応じた「広告費」が手元に入るしくみになっており、ユーチューバーはオリジナルの動画を次々に撮影・編集し、多くの視聴者を集めることによって収益を上げています。ある程度の成功をおさめているユーチューバーのなかには、メーカーなどの企業と契約を結び、コマーシャル動画や商品の紹介動画を制作する人もいます。
なるには
ユーチューバーになるのに、必要な資格や学歴はありません。パソコンやカメラを使って動画を撮影し、ユーチューブに動画をアップロードすることさえできれば、誰でもユーチューバーになることは可能です。しかし、多くの人に見てもらえる動画を作るためには、動画編集のスキルを高めることをはじめ、人々に「面白い」と思われるネタを考え続けなくてはなりません。したがって、ユーチューバーとして成功できているのは、ほんのわずかな人だけとなっています。
給料
一般的なユーチューバーの収入は動画の再生回数によって変動するため、月収は0円に近い人から、数万円、数百万円あるいはそれ以上という人までさまざまです。何千万円以上という高額な年収を得ているユーチューバーは一握りであり、ユーチューブに動画投稿をしているほとんどの人は、普通に生活できるだけの収入を得ることすら困難とされています。多くの人はアルバイトや他の仕事と両立させながら、副業としてユーチューバーの活動を行っているのが現実です。
将来性
ユーチューバーと呼ばれる人の数は増え続けており、最近は人気を集めるユーチューバーに対してメーカーなどの企業が自社商品の宣伝広告制作を依頼する「タイアップ」の例も急増しています。もはや、動画投稿は趣味の一環としてだけでなく、それによって収入が得られる職業・仕事のひとつとしても成り立っているといえるでしょう。しかし、市場が盛り上がる一方でユーチューバー同士の競争のさらなる激化が予測されており、この世界で日の目を浴びるのはますます難しくなるかもしれません。