このサイトはスタントマンを目指す人のための情報サイトです。

スタントマンとは?

スタントマンは、映画やテレビ番組、舞台イベントで、多様なアクション、自動車からの飛び降りなど、妙技や離れ業つまりスタントを行う仕事です。なるために特別な資格は必要ありませんが、危険な技を行うこともあるため、スタントマン養成所や育成スクールでアクションの演技やスタント技術を身につけるとよいでしょう。多くのスタントマンはスタント事務所のオーディションを受け、事務所に所属して働きます。年収は経験や実績によっても大きく異なり、難しいスタントほど1シーンあたりの報酬は高く設定されています。スタントは国内だけでなく海外でも必要とされており、とくにアメリカでは西部劇の乗馬アクションに始まり、最近ではVFX技術を駆使したワイヤーアクションが盛んです。そのため、アメリカで活躍することを目指して技術を磨いている人も多くいます。

スタントマンの仕事内容

映画やテレビ番組、舞台、イベントで、多様なアクション、自動車からの飛び降りなど、妙技や離れ業つまりスタントを行うことがスタントマンの仕事です。

大別するとボディー・スタントとカー・スタントがあります。

ボディー・スタントを行うスタントマンはモブ(群衆)として、あるいは俳優の吹き替えとして危険なシーンに出演します。

カー・スタントを行う人はスタントドライバーと呼ばれ、自動車やバイク以外にも水上アクションなどがあります。

そのほか爆破、火だるまなどのファイヤー、落下・ダイビング・ワイヤー、殺陣・技斗などのバリエーションがあります。

また、交通安全のデモンストレーションやアクションゲームのモーションキャプチャー、特撮のスーツアクターなども務めます。

スタントマンになるには・必要な資格は?

学歴や資格などは必要ありませんが、スタントマンになるための養成所や育成スクールには通ったほうがいいでしょう。

アクションの演技やスタントの技術を身につけること、安全管理について学ぶことが重要です。

また実際にスタントマンとして活躍するためには、一般的にはスタント事務所に所属して仕事を請け負うことになります。

養成所や事務所に所属するにあたり、面接やオーディションに合格しなければなりません。

おおむね応募資格として13~28歳程度の年齢制限が設けられています。体力や若さが必要な職業であるといえます。

あるいはヒーローショーが行われるテーマパークでアクションスターやスーツアクターのアルバイトをして経験を積む人もいます。

スタントマンに向いている人

スポーツ選手や格闘家なみに優れた運動神経や筋力、体力がある人はスタントマンに向いています。

さらに動体視力や瞬発力、柔軟性、平衡感覚、跳躍力、集中力など、各スタントに応じて細かく求められる身体能力も出てきます。

常にどんなスタントにも対応できるように、完璧な状態の肉体を維持し続けなければなりません。

日々トレーニングを重ねるなど、努力を惜しまない人は適性があるでしょう。ただ体格は必ずしも筋骨隆々でなくても構いません。むしろさまざまな体型が求められます。

最も注意すべき点は危険がともなう仕事であるということです。

緊張感の連続に耐えうるほどの強靭な精神力の持ち主はスタントマンの適性があるといえるでしょう。

スタントマンの就職状況・雇用形態

一般的な求人情報にスタントマンの仕事が掲載されることはほとんどありません。スタント事務所とマネジメント契約をして仕事を手配してもらうのが一般的です。

俳優やタレントとして芸能事務所とマネジメント契約する場合もあるでしょう。

たとえばバラエティ番組で爆破シーンやカーアクションをタレントが演じる際には、事前にスタントマンがテストをします。

請け負うのはスタント事務所です。

スタント事務所やスタント養成所に所属するためにはオーディションに合格する必要があります。

圧倒的な運動神経と体力、危険に立ち向かう精神力がなければまず受かりません。

幼少の頃から体を鍛え、中学・高校あたりからスタント養成所に入ることを目指したほうがいいかもしれません。

スタントマンの給料・年収・待遇

スタントマンの平均年収は経験、実績や仕事量によってかなり異なります。

どんなに頑張っても年収250~300万円ほどという人が多い一方で、アクロバティックなカー・スタントやバイク・スタントが得意な人は高年収が得られる場合もあります。

スタント1シーンに対して、おおよそですが、

・車にはねられる:3万円前後
・階段落ち:4万円前後
・高所落下:6万円前後
・火だるま:100万円前後

などの相場があるようです。

落下の段数や距離など危険度が増すほど報酬は高くなります。とくに危険な場合は1秒単位の「秒給」が設定されることもあるといいます。

いずれにしても保険に加入することが難しいという共通の問題を抱えることになります。

高収入を得られるスタントは危険度も高く、年齢を重ねると体力的な問題が生じます。

そのため、スタントマンから殺陣師やスタント・コーディネーター、アクション監督にキャリアアップする人もいます。

収入面や待遇面でスタントマンより安定する場合が多いでしょう。

スタントマンの生活・勤務時間・休日

映画の撮影、テレビ番組の収録、交通安全のデモンストレーションなど、請け負うスタントの内容によって、仕事の場所も拘束時間も一つひとつ変わってきます。

また現場の状況に応じて1シーンを何回も撮り直すこともあれば、1回で終わる場合もあります。

危険度の非常に高いスタントに集中してスケジュールを調整したり、逆に事務所にたくさんの依頼が入れば忙しくなったり、決まりきった日常とは無縁の生活を送る人が多い職業です。

とくに若いうちはさまざまなスタントにチャレンジします。

しかし年齢や経験を重ねると、事務所が定期的に請け負う仕事や自分に適した仕事がわかるようになり、自分なりの生活のリズムがつかめるようになるでしょう。

スタントマンの現状と将来性

映画に注目しますと、スタントの現場は邦画だけでなく、アメリカのハリウッドや香港映画も視野に入ります。

日本のスタントは殺陣における斬られ役に端を発しており、また香港のカンフー映画でもやられ役とアジアでは受け身文化が発展した経緯があります。

しかしアメリカでは西部劇の乗馬アクションに始まり、最近ではVFX技術を駆使したワイヤーアクションが盛んです。

スタントマンやスタント・コーディネーター、アクション監督が積極的に映画に関わるような歴史的背景がアメリカにはあるのです。

アメリカのスタントマンは日本とはケタ違いの収入を得られるため、アメリカで活躍することを目指して技術を磨いている人も多くいます。