このサイトはお笑い芸人を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「お笑い芸人」

仕事内容
芸人は、テレビや舞台などに出演し、ネタを披露して人々に笑いを与える仕事です。芸人が行うネタには、ものまね・コント・漫才・落語など多種多様なスタイルがあり、芸人によって得意なネタも異なります。基本的に芸人は自分たちでネタを考えるため、常にアイディアを出し続けてお客さんにウケるネタを作っていかなければなりません。また、その場にいるお客さんの反応を見ながらネタの進め方を変えてみるなど、柔軟さや頭の回転も求められます。
なるには
芸人志望者は、芸人養成所や師匠に弟子入りして学ぶ人が多いですが、面白いネタさえ披露できれば、誰でも芸人になれる可能性があります。新人オーディションで入賞し、デビューした芸人は多数存在します。しかし、とにかく「笑わせることが何よりも好き」という人でなければ、この仕事を続けていくのは難しいでしょう。また、いくら人気者になっても100%大ウケするとは限らないため、精神的に落ち込まないタフなメンタルも必要です。
給料
芸人として安定して食べていけるまでになるには、かなりの苦労が必要でしょう。下積み時代は貧乏暮らしを強いられ、アルバイトをしながら何とか生計を立てているという人も少なくありません。しかし、ひとたび人気が出れば年収数千万円以上を稼ぐことも可能です。いつ売れなくなるかわからないという不安定さはつきものですが、お笑いの道を極めていきたいという人にとっては、非常にやりがいのある仕事だと言えます。
将来性
「お笑いブーム」は多少落ち着きを見せつつあるものの、お笑い番組は安定した人気があり、お笑いイベントも多数開催されています。人々はどこかで常に新しい芸人や新しいネタを求めており、新人芸人が日の目を浴びるチャンスも大いにあると言えるでしょう。しかし、面白くなければバッサリと切り捨てられてしまうシビアな世界。今後も、どれだけ自分自身を高め、笑いを突き詰められるかが重要だと言えるでしょう。