このサイトは舞妓を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「舞妓」

仕事内容
舞妓は、芸妓になるための見習いをしている15歳~20歳までの女性のことを指します。お座敷のお客さんに唄や踊り、三味線などを披露したり、お酌や話相手となって、おもてなしすることが主な仕事内容です。基本的に、舞妓が活躍するのは京都の花街と呼ばれる場所で、置屋という場所に住み込んで修業を続けます。20歳になって舞妓を卒業すると、芸妓になるかどうかあらためて判断し、芸妓になる場合はさらに芸の腕を磨いていきます。
なるには
舞妓になるためには、まず舞妓の育成を行なう置屋の女将さんに連絡をとり、舞妓としての素質があるかどうか判断してもらう必要があります。中学校を出て15歳になっている女性であれば応募することができますが、その仕事柄、身長や容姿、雰囲気などが重視されます。いざ舞妓になってからは住み込みで三味線や踊りなどの修業を積み、一人前の舞妓、そして将来的に芸妓になるためのスキルを身につけていきます。
給料
舞妓は芸妓になるための見習い期間であるため、芸妓になるまで基本的に収入は一切ありません。生活費や衣装代などは置屋の女将さんが負担してくれるほか、月に1万円~2万円程度のお小遣いが 配られ、自由に使うことができます。一人前の舞妓になるまでには1000万円ほどのコストがかかるとも言われており、もし途中でリタイアした場合、置屋からそれまでにかかった費用を請求されるケースもあるため注意が必要です。
将来性
舞妓は、日本の伝統的な文化として親しまれてきた職業です。現代では、日本の舞妓を一目見ようと海外から訪れる外国人観光客も多く、まだまだその需要はあると言えるでしょう。また、最近ではお座敷のみならず、イベントステージで芸を披露する機会も出てきています。とても華やかな仕事に見えますが、その裏では厳しい修行や共同生活が待っており、独自のしきたりも多い世界であるため、続けていくには強い覚悟が求められます。