このサイトはニュースキャスターを目指す人のための情報サイトです。

ニュースキャスターとは?

ニュースキャスターは、報道番組の進行役を務める人のことをいいます。その日のニュースを読むことはもちろんのこと、ゲストとしてスタジオに招いた専門家から意見を聞き出したり、ときには自分の意見を述べたりします。この仕事に就く人の大半は、放送局でアナウンサーや報道記者をしている局員であるため、なるには放送局に就職するのが近道といえます。勤務先や雇用形態によって収入には幅があり、いわゆるキー局と呼ばれる大手放送局の場合、年収1000万円を超えることも珍しくありません。フリーランスで活動することもできますが、ニュースキャスターは人気商売であり、視聴率や視聴者からの反響によって降板になる可能性もつきまとうため、陰には大変な気苦労があるといえるでしょう。

ニュースキャスターの仕事内容

ニュースキャスターの主な仕事は、報道番組の進行役を務めることです。

その日のニュースを読むことはもちろんのこと、ゲストとしてスタジオに招いた専門家から意見を聞き出したり、ときには自分の意見を述べたりします。

番組によっては、ニュースキャスター自身が特集の企画をしたり取材に行ったりすることもあるようです。

仕事の内容が多岐にわたるため、

・正確な発音と聞きとりやすい声でニュースを読めること
・世の中のさまざまな問題に対して問題意識や知識を持っていること
・自分の意見を的確な言葉で伝えられること

など、幅広い分野の能力が求められます。

また、多くの視聴者に顔を覚えてもらうために、容姿や性格などで個性を発揮することも大切です。

ニュースキャスターになるには・必要な資格は?

ニュースキャスターとして活躍している人の多くは、放送局でアナウンサーや報道記者をしている局員です。

ニュースを読むのが仕事である「アナウンサー」や、世の中の問題に対して独自の取材を行うのが仕事である「記者」として経験を積んだ人が、その実績を評価されてニュースキャスターに抜擢されることが多くあります。

そのため、ニュースキャスターをめざすのであれば放送局に就職するのが近道となるでしょう。

その他の道として、テレビ局と契約を結ぶ形で契約社員やフリーランスのニュースキャスターとして出演する人もいます。

いずれの場合も必要な資格というのはありませんが、政治や国際問題など難しいニュースを扱うことも多いので、高い学力がある人のほうが向いているという事実はあるようです。

ニュースキャスターに向いている人

ニュースキャスターの仕事をする上では、正確に物事を伝えることが何よりも大切です。

ニュースを間違わずに読めることはもちろんのこと、詳細がはっきりしていない事件や事故に対して憶測で情報を付け加えたり勝手な解釈をしたりすることは許されません。

社会的な影響が非常に大きい職業ですので、強い責任感を背負いながらも常に冷静に的確に物事を判断できるような人に向いている職業です。

また、報道番組ではさまざまなジャンルのニュースを取り上げることになります。

政治や国際社会の動向はもちろんのこと、スポーツの試合の結果、芸能人の結婚、介護や子育ての現場で起きている問題など、あらゆるニュースに対して真摯に向き合う姿勢が大切です。

勉強熱心で知的好奇心の強い人にピッタリの職業ともいえるでしょう。

ニュースキャスターの就職状況・雇用形態

現在、ニュースキャスターとして活躍している人を大きく分けると、「放送局に就職している局員」と「放送局と出演契約をしている契約社員やフリーランスの出演者」に分かれます。

放送局のアナウンサーや記者は人気職であり、採用される人数も少ないため、非常に狭き門となっています。

どちらかというと、放送局と契約をしている契約社員やフリーランスの出演者の枠をめざすほうがチャンスは多いといえるでしょう。

ただし、契約している番組が終わってしまうときや視聴者からの評判が良くないときなどに次年度の契約が打ち切られることがあるので、雇用としては不安定な状態になります。

そのぶん、放送局を限定せずに出演するチャンスが得られるので、多様な経験を積むことができるというメリットもあるようです。

ニュースキャスターの給料・年収・待遇

ニュースキャスターの収入は、雇用形態によって大きく異なります。

放送局のアナウンサーや記者として就職している人の場合は、正社員や正職員としての待遇となるので、一般的にいうと給料は高給の部類に入ります。

いわゆるキー局と呼ばれるような大手放送局の場合、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

一方、放送局と契約して出演している契約社員やフリーランスの人の場合は、金額は人気や出演時間によって決まります。

地方の放送局の場合は年収にして300万円程度ということもありますし、東京のキー局の人気番組に抜擢された場合は年収1000万円以上になることもあり、これに関しては本当に個人によって大きな差があります。

ニュースキャスターの生活・勤務時間・休日

ニュースキャスターの生活は、担当している番組によってさまざまです。

たとえば、朝の6時から始まるニュース番組を担当している場合。

夜は9時に就寝して夜中の3時に起床し、明け方の4時頃にはスタジオに入るというような生活になります。

スタジオに着いてからニュースの原稿を確認したりカメラリハーサルをしたりメイクや着替えをしたりする必要があるので、余裕を持ってできるだけ早く出勤することが大切なのです。

逆に夜の22時から始まるニュース番組を担当している場合は、夕方頃に出勤して勤務が終わるのが深夜1時ごろになることも珍しくありません。

ニュースキャスターの仕事は担当番組に合わせてライフスタイルを組み立てることになるのが特徴です。

基本的には、担当番組がない日が休日になり、週に2日ほど休めることが多いようです。

ニュースキャスターの現状と将来性

ニュースキャスターは人気商売であり、視聴率や視聴者からの反響によって降板になる可能性もつきまとうので、陰には大変な気苦労があります。

とくに近年では、一度失敗をしてしまうとTwitterやfacebookなどを通してあっという間に世間に広まってしまうので、発言や態度に非常に気を遣っている人も多いそうです。

また、インターネットの台頭によって放送業界自体が厳しい状況に置かれているという現状もあるので、ニュースキャスターの待遇に関しても楽観視はできません。

今後はテレビやラジオでの仕事だけにこだわらずにオンライン上のコンテンツなどでも活躍の場を増やしていくなど、より積極的にチャンスを掴もうとする姿勢が必要と考えたほうがよいでしょう。