「モデル」とは

モデル_画像

ファッション雑誌やショーなどで被写体となり、商品を身につけてその魅力をアピールする。

ヘアメイクの雑誌やジュエリーのカタログ、ファッションショーなどで被写体となり、商品を身につけてその魅力をアピールする役割を果たすのがモデルです。

オーディションでの合格やスカウトなどを経てモデルとなり、芸能事務所やファッション雑誌の専属モデルとして撮影の仕事をしています。

カメラマンやデザイナー、プロデューサーに認められなければ仕事がもらえないという実力主義の厳しい世界ではありますが、流行の最先端を追いかけることができたりさまざまな人との出会いがあったりと、やりがいの大きい職業でもあります。

近年では一般の学生やOLがモデルとして誌面に登場する「読者モデル」が大きな注目を集めており、憧れる人も多いようです。

「モデル」の仕事紹介

モデルの仕事内容

広告塔となり、企業の商品やサービスをアピールする

モデルは、企業の商品やサービスの広告塔として活躍する職業です。

具体的な仕事内容は、雑誌やジュエリーのカタログ、ファッション誌、ファッションショーなどにおいて、企業がPRしたい商品を身につけてその魅力をアピールすることです。

企業は自社商品を消費者に広く知らせるため、その商品イメージに合ったモデルに仕事を依頼し、効果的な伝え方ができるようにデザイナーやカメラマンなどと相談しながら世界観を作り上げていきます。

モデルにとっては、自身の人気や知名度がモノをいう仕事であるため、個性を磨いたり、積極的に情報発信をしてファンの獲得にも努める必要があります。

モデルの就職先・活躍の場

雑誌や広告、ショーなど多岐にわたる場所で活躍

モデルは、会社員としてどこかの会社に就職するわけではありません。

モデル事務所などに登録し、そこを経由してクライアントから案件をもらうのが一般的なスタイルですが、あくまでも個人事業主として活動をします。

モデルが活躍できる場は多岐にわたり、ファッションやヘアメイクの雑誌・CM・ショーなどが挙げられます。

また、「手」や「足」など、体の一部分を魅せる「パーツモデル」といわれる種類のモデルもいますし、美術家が絵画を描くときにポーズをとる「絵画モデル」もいます。

また、学生や会社員として働きながら雑誌などの撮影に参加する「読者モデル」といわれる人たちもいます。

モデルの1日

日によって異なるスケジュールになる

モデルの1日のスケジュールは、その日の仕事の内容や場所によって決まるため、基本的に毎日異なってきます。

ここでは、都内のスタジオでファッション誌の撮影がある日のスケジュールを例にとって見てみましょう。


6:00 起床
洗顔と肌のお手入れをし、日課のストレッチ。

7:00 朝食
野菜や果物をたっぷり使ったスムージーやサラダ中心。

8:00 現場へ出発
都内のスタジオへ向けて出発します。

9:00 現場入り
撮影スタッフと打ち合わせをします。

9:30 着替え
衣装に着替え、ヘアメイクをしてもらいます。

10:00 撮影スタート
「こんな表情をしてほしい」など、次々と飛んでくる要求にすぐに応えていきます。

13:00 昼休憩
配られたお弁当を食べます。

13:30 午後の撮影スタート
スタッフの方たちとの連携が大事です。

16:00 撮影終了
写真をチェックしてスタジオを出ます。

19:00 帰宅
夕食は自炊で野菜や肉、魚をバランスよく。

21:00 入浴
お風呂でたっぷりと時間をかけて半身浴をします。

22:30 就寝
睡眠時間はしっかりと取るように心がけています。

モデルになるには

事務所への所属モデルを目指す人が多い

モデルになるにはさまざまな方法がありますが、そのひとつはタレント事務所に「スカウト」されることです。

何か輝く個性や美貌を持っている人であれば、街を歩いていて声をかけられる可能性があります。

しかし、スカウトを待つ方法は運任せの側面があるため、モデル事務所に自ら応募し、面接などの試験を受けて合格することで、その事務所の所属モデルを目指す人も多くいます。

そのほか、ファッション雑誌などで開催される「モデルグランプリ」や「専属モデルオーディション」を受け、受賞を目指してデビューする道を選ぶ方法もあります。

モデルにはそれなりの容姿も求められますが、人を惹きつける人間性や個性、内面から出る魅力も必要とされます。

モデルの学校・学費

モデル養成スクールで基礎的なスキルを身につけられる

モデルという職業は、仕事をするために何か資格が求められたリ、特別な学校を出ていなければならないということはありません。

人目を引くルックスや個性があり、チャンスを掴むことができれば、未経験者でもいきなりモデルデビューすることは可能です。

ただし、早いうちからモデルとしての基礎的なスキル(ポージング、ウォーキングなど)を身につける場として、民間企業が運営するモデル養成スクールがあります。

そこでは、モデル事務所のオーディションや仕事の情報も得られることがメリットといえます。

モデルの給料・年収

モデルの仕事だけで生計を立てるのは難しい

モデルの仕事は「出来高制」であり、そのモデルの人気度や、案件の内容によって報酬が決まるのが一般的です。

事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえたり、生活が保障されるようなことはまずないと思っていたほうがよいでしょう。

モデルには多様な活動をしている人がいるため、給料や年収に関して正確な統計データを出すのは難しいですが、年収は人によって数十万円程度から数千万円程度までと大きな幅があります。

全体的に見ると、モデルの仕事のみで生計を立てている人は限られており、なかには副業をしている人もいます。

モデルのやりがい、楽しさ

流行の作り手となり、多くの人に注目されること

それまで知られていない商品でも、人気モデルが身につけたことでお客さんの購買意欲をそそり、一気に売り上げが伸びるという現象はよく起きています。

そうなると、モデルとしては「自分自身が世の中の流行を作り出しているのだ」という誇りや喜びを感じられます。

自分自身モデルとしての人気が出てくれば、一般の人たちやメディアからの注目もたくさん集めることができるようになります。

「人前で輝きたい、目立ちたい」という思いが強い人にとって、そんな毎日には大きなやりがいを感じられるでしょう。

モデルのつらいこと、大変なこと

個々の人気や実力がハッキリと見えやすい

モデルの仕事は実力勝負であり、人気がある人のところにたくさんの仕事が舞い込んできます。

そして仕事のほとんどが、自らを積極的に売り込んで評価されることで初めて任されるようになるものです。

新人時代はオーディションを受けたり、プロデューサーやデザイナーのもとへ挨拶周りをしたり、パーティーなどで人脈を広げたりして積極的に動かなければ、いつまでたっても仕事にありつけません。

なかなか芽が出ないときでも地道に頑張り続けられるかどうかが、モデルとして一人前になれるかどうかの分かれ道だともいえます。

モデルに向いている人・適性

美を追求するために努力できる人

モデルは、多くの人に見られる職業です。

洋服やアクセサリーや化粧品を身につけることで、「こんなふうになりたい!」と世の中の人たちの気持ちを動かさなくてはなりません。

そんな、多くの人に憧れられる存在になるには、やはり「美」や「健康」への高い意識は不可欠です。

華やかに見える裏で、モデルは自分自身を上手にコントロールしています。

つねに見られている意識を持ち、規則正しい生活やダイエット、肌質改善などに地道に取り組み続けられるような人が、モデルには向いているといえるでしょう。

モデル志望動機・目指すきっかけ

ファッションやメイクが好きな気持ちがきっかけに

「モデル」や「タレント」はとても華やかに見える職業であり、とくに10代や20代の女性は憧れる人が多い職業のひとつです。

モデルを目指すきっかけとしては、「子どものころから洋服が好きだからファッションモデルになりたい」「美容に関心があるからヘアメイクのモデルになりたい」というようなものが多いようです。

また、憧れのモデルがいて、その人のようになりたいという思いからモデルを目指す人もいます。

ただし、オーディションにはミーハーな気持ちで応募してくる人もたくさんいるため、自分がモデルを本気で目指していることをアピールし、他の応募者との違いを伝えられるように意識することが重要です。

モデルの雇用形態・働き方

モデル事務所に所属し、個人事業主として活躍するのが一般的

モデルとして仕事をする場合、一般的にはモデル事務所やエージェンシーに登録をし、そこを経由して仕事をもらう形になります。

事務所に所属すると、モデルとして働きたい人にとっては、自分で仕事を探してこなくてもよい、報酬の交渉や計算等の事務作業を事務所がしてくれる、クライアントとのトラブルがあったときに解決しやすいことなどのメリットがあります。

ただし、この形は会社に雇用される会社員ではなく、あくまでも「個人事業主」という形になります。

事務所のサポートを受けながらも、個人でどのように生きていきたいかをよく考える必要があるといえるでしょう。

モデルの勤務時間・休日・生活

決まった生活パターンに当てはめにくい仕事

モデルの生活は、会社員のように「朝9時に出社して18時に退勤する」というような固定のスケジュールにはなりません。

活躍の仕方や案件は個人によってまったく違うため、1日ごとに自分のスケジュールを確認しながらの生活になります。

人気モデルの場合は、1ヵ月間毎日ずっと撮影が詰まっているということも珍しくありません。

ときには海外や地方都市に出張して撮影をする機会もありますし、大きなファッションショーの開催前は、衣装合わせやリハーサルなども入ってきます。

さらにその間には、雑誌やテレビのインタビューなどの取材に応じることもあり、忙しくも充実した日々を過ごすことになるでしょう。

モデルの現状と将来性・今後の見通し

活躍の場は広がっているが、人気を保つ努力が必要

従来のモデルの主要な活躍の場である雑誌やファッションショーに加え、最近ではオンライン上の広告など、仕事の種類や規模を問わなければモデルの活躍の場は広がっているといえます。

また、芸能界にはモデル出身者の俳優や女優が多々いるように、モデル業を通して表現力や演技力などを磨くことで、将来的にマルチに活躍できる可能性も高まります。

ただし、モデルの世界は人気が落ちれば仕事がもらえない競争社会であるため、自分の目指す将来像をしっかりと描きながら、向上心を持って努力し続ける姿勢は欠かせません。