「芸能人・タレント」とは

芸能人・タレント_画像

メディア出演や舞台、イベントの場で不特定多数の人の前に立ち、トークなどを行う。

テレビや映画、雑誌などメディアに出ることを仕事とする人たちですが、その活躍の場はメディアに留まらず、舞台、イベント、歌手活動など幅広い展開をする人が増えてきています。

ただ、華やかな見た目に反して、拘束時間が長く苦労が多い仕事です。また、売れるのはほんの一握りです。

しかし、演じることや人前に出ること、人を笑わせることなどが好きな人にとっては夢のような仕事で、今も多くの人が有名になろうと努力をしています。

芸能人やタレントは人気商売です。

人気が出ることが第一条件ですので事務所の売り出し方の他に、自己プロデュースのうまさが求められます。

そのため、高いプロ意識を持つ人ほど確固たる地位を築きやすいようです。

「芸能人・タレント」の仕事紹介

芸能人・タレントの仕事内容

テレビや映画などのメディアに出演する

芸能人とは、テレビ番組や映画、雑誌などのメディアに出演して給料を得ている人のことです。

俳優・女優としてテレビドラマに出演したり、バラエティ番組でクイズに答えたり、テレビCMや広告に出演したりなど、芸能人の仕事の幅は広いです。

スポンサーが付いている芸能人であれば、スポンサー主催のイベントやパーティーに参加することも仕事の一つです。

芸能人は、常に多くの人目に触れるため、好感度が大切な仕事です。

誰もがよく知る芸能人ともなるとテレビや映画の仕事が舞い込んできますが、有名になるまでは地方での営業や企業のイベントなど、小さな仕事をこなしながら自分を売り込んでいく必要があります。

最近では芸能人としての活動以外にも、本を出版したり、カフェやショップのプロデュースをしたり、歌手や声優としてデビューを果たす人も増えています。

芸能人・タレントの就職先・活躍の場

それぞれの個性を生かした活躍の場

多くの芸能人は、芸能事務所に所属して活動しています。

オーディションやスカウト、タレント養成所を通して芸能事務所へ所属し、事務所から仕事を斡旋してもらい、テレビや映画、雑誌などへの出演が決まります。

ひと言で芸能人といっても活躍の場は幅広く、ドラマや映画などで役を演じる俳優・女優から、歌手や声優、アイドル、モデル、お笑い芸人まで、それぞれの個性を生かして活動しています。

ただし、芸能事務所に所属するだけでは仕事を得られないことも多く、活躍して有名になるにはオーディションや営業をこなして実力を認めてもらう必要があります。

芸能人・タレントの1日

活躍するジャンルによって大きく異なる

芸能人の1日は、活躍するジャンルや知名度によって大きく異なります。

ここでは、テレビドラマに出演する俳優の1日をご紹介します。

5:00 起床
朝食をとりながら台本をチェックします。

6:00 現場へ移動
タクシーやマネージャーの車で撮影現場まで移動します。

7:00 現場入り
ドラマの撮影現場に到着し、衣装に着替えてスタンバイします。

8:00 撮影スタート
監督から指示を受けながら役を演じていきます。

12:00 休憩
用意されているお弁当を食べて昼食を済ませます。

13:00 撮影再開
1つのテイクが数十テイクに及ぶこともあります。

18:00 休憩
軽食をとりながら次のシーンの台本をチェックします。

19:00 撮影再開
長時間の撮影でも疲れを見せずに演じることが大切です。

22:00 撮影終了
共演者やスタッフに挨拶をして帰宅します。

23:00 帰宅
明日以降の台本を読んでセリフを確認してから就寝します。

芸能人・タレントになるには

個性をアピールしてデビューを目指す

芸能人のなかでも俳優や女優、アイドル、モデルを目指す場合、街でスカウトを受けるか、オーディションに参加して芸能事務所へ所属する方法が一般的です。

いずれの場合も非常に狭き門となるため、タレント養成所に通って歌やダンスの腕を磨いたり、劇団へ所属して地道に活動したりしながらデビューを目指す人も多いです。

お笑い芸人を目指す場合は、俳優などと同じくオーディションを受けることもありますが、最近は芸人としてのスキルを学べる養成所からデビューを果たす人も増えています。

ほかにも、弁護士や医師、料理研究家などがテレビに出演してタレントとしても活躍しているケースもあります。

芸能人・タレントの学校・学費

タレント養成所や専門学校に通う人も

芸能人になるために必ず通わなければいけない学校はありません。

優れた容姿や才能といった個性を持ち、スカウトやオーディションでスター性が認められれば、芸能人としてデビューすることができます。

しかし、スカウトを受ける人オーディションに合格する人は限られています。

実際には、芸能スクールや養成所、専門学校などに通って才能を磨きながら芸能事務所への所属を目指す人もたくさんいます。

タレント養成所に通う場合の費用は1年間で30〜100万円ほど、芸能系の専門学校では年間100〜150万円程度の学費となります。

芸能人・タレントの給料・年収

仕事量によってかなりの差がある

芸能事務所に所属する芸能人の場合、事務所から毎月固定給が支払われるパターンが一般的です。

所属年数や知名度が上がれば、給料もアップしていきます。

新人タレントは活動の機会が少ないため給料もわずかですが、住居面のサポートをしてくれる事務所も多いです。

有名になると億単位の年収を稼ぐ人もいれば、売れなければゼロに近い収入となりアルバイトをしながら生活している芸能人もいます。

芸能人の収入は、活躍の程度によって相当の差があるのが実情です。

芸能人・タレントのやりがい、楽しさ

自分の個性や才能を表現できる

芸能人は、多くの人の目に触れて自分をアピールすることができます。

突出した個性や才能を持っている人たちにとっては、ドラマや映画で役を演じたり、バラエティ番組で発言をしたり、容姿やスタイルを生かして表現ができるというのは、何よりも嬉しいことです。

自分の個性を発揮しながら活動を続けていると、ファンも増えてきます。

活動を応援してくれるファンから手紙をもらったり、SNSなどを通して「いつも見ています、大好きです」と声をかけられたりすることは、芸能人にとって大きな喜びとなります。

芸能人・タレントのつらいこと、大変なこと

プライベートがない不規則な仕事

芸能人にとって、テレビや映画などに出演する機会が増えるのは喜ばしいことです。

しかし、売れれば売れるほどプライベートがなくなり、常に人目を気にする生活を送ることになります。

週刊誌やワイドショーに追いかけられることも多く、恋愛や家族などの個人的な問題でも世間に広まって話題となり、批判やバッシングを受けることもあります。

また、テレビや映画の撮影は深夜に及ぶこともあり、不規則な生活を送っている芸能人は珍しくありません。

撮影のために体重をコントロールしたり寒い時期に薄着になったりするなど、体力的につらい仕事をこなす必要もあるでしょう。

芸能人・タレントに向いている人・適性

自分に厳しく負けず嫌いな人

芸能界で生き残っていくためには、向上心を持ち続ける必要があります。

芸能人という仕事は華やかなイメージが強いですが、活躍の裏では相当な努力と苦労を重ねています。

ときには意に沿わない仕事のオファーを受けたり、長時間の撮影など労働環境がよくなかったりする場合もあります。

厳しい環境のなかでも挫けることなく、「絶対に売れてみせる!」という強い気持ちを持って活動に励める人が最終的には成功を掴みます。

自分に厳しく負けず嫌いという人は芸能人としての適正があるといえるでしょう。

芸能人・タレント志望動機・目指すきっかけ

華やかな芸能界で自分を表現したい

芸能人を目指す人の志望動機としては、「実際に活躍する芸能人に憧れている」、「自分自身が演技や歌などを披露するのが好き」といった理由が挙げられます。

実際に歌や演技の才能があり、それらを表現する仕事に就きたいと考えて志望する人もいれば、人前に立ったり目立ったりするのが好きで、華やかな世界に憧れて芸能人を目指すという人もいます。

しかし、芸能界で活躍できる人はほんの一握りです。

どのような理由で目指すにしても、常に自らの個性や才能を磨く努力を怠らず、「絶対に成功する」という強い意志を持ち続ける必要があります。

芸能人・タレントの雇用形態・働き方

芸能事務所に所属して仕事をもらう

ほとんどの芸能人は、芸能事務所に所属して仕事をしています。

芸能プロダクションの正社員として固定給をもらいながら活動している人もいますが、基本的には個人事業主として芸能事務所と契約する形をとっている芸能人が多いです。

知名度や実力に応じて仕事量が変わるため、不安定な職業だといえます。

事務所の給与形態によっては売れなければ収入がゼロに近いケースもあり、アルバイトをしながら芸能活動をしている人も少なくありません。

芸能人・タレントの勤務時間・休日・生活

一般の人よりも多忙な毎日となる

芸能人の生活は売れっ子かどうかで大きく異なります。

誰もが知るような有名芸能人ともなると、テレビの収録や映画の撮影、雑誌の取材などで早朝から深夜まで働き詰めになることも珍しくありません。

一方、仕事量が少ない芸能人の場合は収入がほとんどないため、アルバイトを掛け持ちながら生活することになります。

アルバイトをしながら本業のためのレッスンに通ってオーディションを受ける人も多く、売れていなくても一般の人より多忙な毎日となるでしょう。

芸能人・タレントの現状と将来性・今後の見通し

才能や個性を自らプロデュースしていく

芸能人は人々を楽しませ、さまざまな影響を与える存在として、いつの時代も需要が高い職業です。

テレビや映画などに出演するだけでなく、企業のイメージキャラクターや商品PRなど、広告や集客においても重要な役割を担っています。

一方で、芸能界は人の流れや変化が激しく、今売れている芸能人でも数年先の保証はないという不安定な業界です。

今後の芸能界で生き残るには、プロダクションの力に頼るだけでなく、自らの個性や才能に磨きをかける努力を怠らず、自分自身をプロデュースしていく能力が求められるでしょう。