このサイトはアナウンサーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「アナウンサー」

仕事内容
アナウンサーは、自分の声を使って不特定多数の人に情報を伝える仕事です。代表的な仕事はテレビやラジオのニュース番組ですが、他にもスポーツの実況、イベントの司会、レポーターなどを務めることもあります。番組は生放送が多いため、限られた時間内で正確に情報を伝えなければなりません。また、原稿を間違えずに読むのはもちろん、イントネーションや抑揚などにも気を配り、どんな人にもわかりやすく聞かせる必要があります。
なるには
アナウンサーになるには、まずテレビ局やラジオ局のアナウンサー採用試験を受け、社員 になることからスタートします。キー局などでは基本的に四年制大学以上の学歴が必要ですが、局によっては短大卒でも試験を受けられることもあります。しかし、試験の倍率は1000倍を超えることもあるなど、非常に難関として知られています。原稿読みのテストなどもあるため、早い段階からアナウンススクールなどで対策をしている人が多いです。
給料
テレビ局やラジオ局に勤めるアナウンサーは、毎月会社から給料が支払われます。キー局のアナウンサーであれば30代で年収1000万円以上を得る人も少なくなく、福利厚生なども充実しています。地方局になると給料は下がるものの、それでも年収500万円~1000万円程度を稼いでいる人が多いようです。キャリアを積んで人気が出たアナウンサーの中にはフリーになる人もおり、ベテランになると年収1億円以上を稼ぐケースもあります。
将来性
アナウンサーは情報を正確に、わかりやすく伝えることが最も大事な役割ですが、近年ではアナウンサーがバラエティ番組でクイズに答えたり、旅やグルメレポートをするなど、タレント的な仕事をする機会もしばしば見られます。特に女性のアナウンサーは“女子アナ”と呼ばれ、まるでアイドルのような扱いを受けることも多いです。不特定多数の人に見られる仕事であるため、人間としての魅力や個性も、人気が出るために重要な要素の一つだと言えるでしょう。