「インスタグラマー」の仕事とは

インスタグラマーの仕事内容

インスタグラマーを使って情報発信をする人

インスタグラマーとは、写真共有SNS「インスタグラム」を使い、情報を発信をすることで収入を得ている人のことをいいます。

インスタグラマーには芸能人・著名人はもちろん一般人も含まれ、トップインスタグラマーになると何百万人ものフォロアーを持ち、流行の発信役となったり、人々の購買行動に影響を与えたりすることができます。

インスタグラマーは、料理やファッション、美容といった特定のジャンルに関するさまざまな情報を発信し、企業から依頼を受けて商品やサービス、イベントなどについてPRすることで、収益を上げて仕事として成り立たせています。

インスタグラマーの就職先・活躍の場

フリーでの活動が中心、人気が出ると事務所に所属する人も

インスタグラマーは、基本的にはフリーランスで仕事をします。

会社に雇われて働くのではなく、個人事業主として自分主体で情報発信をしたり、企業から直接依頼を受けて仕事を請け負う形になります。

したがって自宅はもちろん、日本中あるいは世界のどこでも仕事をすることは可能です。

インスタグラマーとしての知名度や人気が高まってくると、事務所に所属する人も出てきます。

事務所への所属は強制的なものではありませんが、スポンサーをつけてもらえば定期的な収入も見込め、活動サポートもしてもらえるなどのメリットがあります。

インスタグラマー1日

100人いれば、100通りの生活がある

インスタグラマーの1日は、人それぞれまったく異なるといっても過言ではありません。

何をテーマとするのか、どのような頻度で投稿をするのかなどは基本的に自分で自由に決めることができますし、働く場所や時間も問われません。

ここでは、料理をテーマに投稿を続けるインスタグラマーのある1日を見ていきたいと思います。

07:00 起床
目が覚めるとすぐインスタグラムを開き、昨晩の投稿に対する反応をチェック。

08:00 朝食
毎朝の朝食は必ず撮影。アプリを使って見やすく画像加工をしてから投稿します。

09:00 SNSを楽しむ
他の人のSNSをチェックし、面白い情報を集めます。

10:00 ネタ探し
今後投稿する新しい料理のレシピを考えたり、試作を行ったりします。

13:00 買い物
撮影に使うオシャレな小物を買いに雑貨店へ。

14:00 スポンサーと打ち合わせ
新規案件の依頼内容について電話で打ち合わせをします。

16:00 夕食作り
食器類にもこだわり、さらに時間をかけて何パターンも撮影します。

20:00 自由時間
テレビやネットニュースを見たり、気ままに過ごします。

21:00 コメント返信
フォロワーからのコメントはできるだけチェックし、コメントに返信します。

23:00 ベッドの中で再びSNS
スマホを触りながら眠たくなるのを待ちます。

インスタグラマーになるには

資格も年齢も学歴も問われず、誰でもなれる

インスタグラマーになるために、特別な資格は必要ありませんし、年齢や学歴も一切問われません。

誰しもが思い立ったその日からインスタグラマーになることは可能です。

ただし、影響力のある人気インスタグラマーになるには、地道に情報発信をしながらフォロワーを増やさなくてはなりません。

多くの人から注目されるインスタグラマーになるには、パッと目を引くクオリティの高い画像の撮影・加工技術の習得をはじめ、人々の関心を集めるテーマ設定、そして「自分ならでは」といったオリジナリティやユニークさなども求められます。

また、流行を追い求める感度、必要に応じてフォロワーへのコメント返信などのコミュニケーションなども重要な要素となってきます。

インスタグラマーの学校・学費

特別な学校に通わずインスタグラマーになっている人が多い

インスタグラマーになるために通わなくてははらない学校はありません。

インスタグラムを扱うために必要な知識や技術は独学で十分に覚えられますし、実際、多くの若者がインスタグラムを日々触りながら慣れていっているのが実情です。

どうしても独学が不安な場合には、民間企業や個人が主催しているインスタグラム講座に参加してみるのもよいでしょう。

なお、学生でありながら多くのフォロワーを集める人気インスタグラマーも存在します。

どのような学校に通っていても、自分らしく、面白い画像投稿を続けることで徐々に知名度を上げていける可能性があります。

インスタグラマーの給料・年収

人気インスタグラマーにならなければ無収入

ほとんどの人がフリーランスで働くインスタグラマーは、会社から給料をもらって働くわけではありません。

インスタグラマーはフォロワーを増やし、スポンサー会社と契約することによって広告収入を得ます。

人気インスタグラマーの広告料金は1フォロワー1円とされており、トップインスタグラマーになれば年収1,000万円超えも夢ではありませんが、フォロワーが増えなかったりスポンサーがつかなければ、無収入となってしまいます。

インスタグラマーのやりがい、楽しさ

自分が発信することで多くの人に影響を与えられる

インスタグラマーという職業の魅力は、自らで情報発信をすることで、世の中の人々に大きな影響を与えることができる点だといえます。

インスタグラマーは、よく「好きなことを仕事にする」という風にもいわれますが、自分の日常生活やファッション、メイク、料理など興味のあることについて投稿し、そこに共感・賛同する人(フォロワー)が増えるのは純粋に楽しく、うれしいものです。

自分自身の影響力を実感しながら生きていく毎日に、やりがいと充実感を味わえるでしょう。

インスタグラマーのつらいこと、大変なこと

稼げるインスタグラマーになるのは大変

SNSが私たちの生活に身近になったことで、「インスタグラマーになりたい」と考える若者も増えています。

しかし、実際にインスタグラマーとして生活できるほど稼げているのは、限られた人だけという事実を理解しておく必要があります。

フォロワーが増えなければ収入を得るのは難しいですし、人気を高めるには日々の更新作業など地道な努力も必要です。

インスタグラマーを目指していても、いつまでも生活のためにやっているアルバイトの給料のほうが高いままだったり、フォロワー数の上下で一喜一憂する日々を送ることになるかもしれません。

インスタグラマーに向いている人・適性

人々に楽しんでもらえる情報を発信し続けたい人

インスタグラマーにまず向いているのは、日常的にインスタグラムに投稿し続けることや、人に見られる情報を発信することを楽しめる人だといえます。

本気でインスタグラマーを目指すとなると、1日にいくつもの投稿を重ね、しかもそれを毎日続けていかなくてはなりません。

いくら好きなことでも、人に楽しんでもらえるネタは何だろうかと考え続けるのは大変ですし、それが苦痛になってしまえば、インスタグラマーとして生きていくのは難しいでしょう。

インスタグラマー志望動機・目指すきっかけ

写真を使ったSNSで人とつながりたい

インスタグラマーになるきっかけは、人によって異なります。

もともと写真を撮影することやオシャレな画像加工をすることが好きだったり、SNSを通して多くの人とつながりたかったり、憧れのインスタグラマーがいたことなどが、インスタグラマーになろうと考えるきっかけになるケースは多いようです

トップインスタグラマーのなかにはタレントなどの著名人も多くいますが、一般の人がインスタグラムへの投稿を続けているうちに、いつの間にかフォロワーが増え、人気インスタグラマーになっていたというような例も決して珍しいものではありません。

インスタグラマーの雇用形態・働き方

フリーランスとして活動をする

インスタグラマーは会社に雇われて働く正社員やアルバイトなどと異なり、フリーランス(個人事業主)として活動をしていきます。

そのため、個人によって生活スタイルや仕事の進め方は大きく変わってきます。

人気が出てくると事務所に所属し、事務所の活動サポートを受けながら活動していくインスタグラマーもいますが、インスタグラム自体は個人で利用できるため、直接企業から依頼を受けて活動することも可能です。

インスタグラマーの勤務時間・休日・生活

好きなときに、好きな場所で働きやすい

フリーランスで活動をするインスタグラマーには、決まりきった勤務時間や休日がありません。

画像投稿自体は24時間365日好きなときにすることができますし、場所も問われないため、自由度は高い働き方となります。

ただし、企業からの依頼を受けて仕事をする場合には、決められた期日を守る必要があります。

インスタグラマーになると、どうしても仕事とプライベートの区別はつけにくくなると考えておいたほうがよいでしょう。

インスタグラマーの現状と将来性・今後の見通し

長期間トップインスタグラマーで居続けるのは難しい

ここ数年でインスタグラムの利用者は激増し、個人的な利用はもちろん、インスタグラムを活用した広告に力を入れる企業も増えています。

そのようななか、影響力のあるインスタグラマーにはスポンサーから多数の案件が舞い込んできますが、トップインスタグラマーとして活躍できるのはごく限られた人のみであることは変わりません。

また、SNSの世界は変化が激しく、人々が興味を持つ対象物も次々に移り変わっていくため、何年、何十年とインスタグラマーとして成功し続けるのは極めて難しいのが実情です。

インスタグラマーを目指すのであれば、プラスアルファのスキルを身につけたり、活躍の仕方まで考えておく必要があるといえるでしょう。