このサイトは芸能マネージャーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「芸能マネージャー」

仕事内容
芸能マネージャーは、俳優・女優やタレント、歌手などに付き、芸能活動のサポートを行う仕事です。具体的には、担当芸能人のスケジュール管理、マスコミ各社への出演交渉、宣伝活動などのほか、車での送り迎え、身の回りの世話をすることもあります。多忙で、常に人に見られることを意識する芸能人はストレスを抱えやすいため、時には相談にのったり、芸のアドバイスをしたりして、彼らの精神的な支えになることも重要な役目です。
なるには
芸能マネージャーの多くは、芸能プロダクションやタレント事務所のスタッフとして働きます。大学を出て就職試験を受けるか、専門学校からの紹介で入社する人が多いようです。入社後は、まずアシスタントとして先輩マネージャーと一緒に動き、現場を駆けずり回る毎日が待っています。芸能マネージャーには学歴や勉強ができることよりも、体力や根性が求められる場面が多いため、とにかく元気で明るく、フットワークの軽い人材が好まれる傾向があります。
給料
芸能マネージャーの仕事は、「年功序列」というよりも、経験や実力が給料に反映されやすい仕事といえます。アシスタント時代には月給10万円程度しかもらえない人もいますが、力をつけて売れっ子芸能人を担当できるようになると、給料もアップするのが普通です。ただし、芸能プロダクションもタレント事務所も、大手から個人事務所まで規模はさまざまです。中には非常に過酷な労働環境の現場もあるといわれるため、注意が必要です。
将来性
芸能マネージャーの求人は決して少なくありません。というのも、芸能界は上下関係が厳しいため、マネージャーも下積み生活に耐えられず、すぐに仕事を辞めてしまう人が多いのです。そのため、熱意があれば芸能マネージャーになるのはさほど難しくありませんが、人並み以上の体力や精神力、フットワークの軽さが必要です。また、担当芸能人を売り込むための対人関係能力、企画力、発想力などを身に付ければ、どのような現場でも重宝されるでしょう。