このサイトは落語家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「落語家」

仕事内容
落語家(噺家)は、オチのある「滑稽噺」、オチのない「人情噺」「芝居噺」「怪談噺」などの落語を演じるのが仕事です。おもに定席の寄席で高座に上がりますが、テレビやラジオに出演することもあります。落語は扇子や手ぬぐいなどの小道具を使いながら、身ぶりや手ぶりでひとり何役もこなす伝統芸能です。弟子入り後の修業時代は、稽古をしながら師匠宅や寄席の雑用も務めます。二つ目以降は自ら仕事を探したり、場合によっては新作落語を創作したりする必要があります。
なるには
実際に入門する前に、まず弟子入りを志願する師匠を決める必要があります。一度決めた師匠には生涯ついていくことになります。落語家になるまでには4年程度の「見習い」および「前座」という下積み期間があります。ようやく一人前の「二つ目」から「真打」に昇進するまでにも10年程度かかります。上方にはこうした階級はありませんが、いずれにしても最初の4年程度は師匠宅や寄席の雑用をこなしながら、それ以降は自ら高座を探しながら、日々落語の稽古に励まなければなりません。また一門や寄席によって異なる作法や落語業界の慣習を覚えることも大切です。
給料
入門してから4年間程度は見習い、前座といった落語家の卵として師匠宅あるいは寄席の雑用を行います。その間は小遣い(給金)がもらえます。金額は公開されていませんので不明ですが1日5000円とすると月収15万円(年収180万円)です。一人前の落語家として認められる、二つ目と真打の平均収入は月収45万円(年収550万円)程度といわれています。ただし人気や実力、年季によって収入は異なり、おおむね月収50〜300万円(年収600〜3600万円)程度で推移する落語家が多いでしょう。
将来性
平成に入り、史上初の女流真打や人間国宝が誕生し、落語をテーマとしたテレビドラマが人気を博すなどの落語ブームが起きました。現在は引き続き落語に注目が集まっており、落語ファンも落語家志望者も人数は多いと考えられます。以前はまったくの男性社会でしたが、女性にとっても間口は広くなりました。しかしそのぶん競争率が高まる可能性はあります。業界全体は波がありながらも受け継がれていきますが、落語家個人の将来は時代のおもしろさを読む力が備わっているかどうかによるといえるでしょう。