このサイトはナレーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ナレーター」

仕事内容
ナレーターは、テレビ番組やラジオ番組などで、コンテンツに合わせてナレーション(朗読)をする仕事です。あらかじめ用意された原稿を読むことが主となりますが、発声方法やイントネーション、抑揚の付け方などのスキルが求められます。番組以外にも、店舗案内や企業のPR映像用のナレーション、駅や銀行などで流れる自動音声を作る際の元となるナレーションなど、ナレーターが活躍するフィールドは多岐に渡ります。
なるには
ナレーターは、自分の声を武器として仕事をするため、発声やナレーションの基本を身につけている必要があります。特別な資格は必要ありませんが、まずは放送系の大学や専門学校、声優科のある学校で学ぶことが、ナレーターになる一つの道と言えるでしょう。その後はオーディションを受けて仕事を見つけたり、声優事務所やイベント会社などへの就職を目指すのが一般的ですが、実力主義の世界であるため、すぐには成果が出ないこともあります。
給料
ナレーターはフリーで働く人が多いため、歩合制での収入が基本となります。実力がついて仕事が増えれば増えるほど収入もアップします。事務所などに勤めれば毎月固定の給料が支払われることもありますが、待遇に関してはあまり望めないケースも多いようです。下積み時代は1本数千円程度の安価なギャラ設定となることが多く、他のアルバイトをしながら生計を立てる必要があるかもしれません。安定して稼げるようになるには相応の努力が必要です。
将来性
日常生活でナレーションを必要とする場面は多々あるため、ナレーターの仕事の需要は安定しています。テレビ番組、結婚式場、イベント会場など、多種多様な場所で活躍できるのも、この仕事の魅力だと言えるでしょう。しかし、ナレーターの仕事は単発ものが多いため、安定して稼げるようになるためには、実力を周りに認めてもらうことが必要です。どんな状況にも対応できる力のある人材は、今後さらに重宝されるだろうと考えられています。