このサイトは舞台俳優・劇団員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「舞台俳優・劇団員」

仕事内容
舞台俳優(劇団員)は、舞台や映画などに出演し、登場人物の役柄を演じる仕事です。作品には脚本や台本が用意されており、監督や演出家の指示に従って、自分の声と身体を使ってセリフや感情を表現しながら、作品の世界観を作り上げていきます。役柄を演じきるだけの演技力が求められますが、現場では多くの共演者やスタッフと一緒に過ごす時間が多くなるため、コミュニケーション能力や協調性なども必要です。
なるには
舞台俳優になる方法はいくつもありますが、代表的なものは劇団に所属して演技力を磨いていく方法です。大きな劇団や名の知れた劇団の場合、入団テストが実施されることが多いですが、未経験でも研究生からスタートできるところもあります。他にも、俳優の養成所やスクールで学んだり、芸能事務所に所属し、作品ごとのオーディションを受けてデビューを目指す人もいます。成功するためには、毎日の厳しい練習を乗り越える必要があります。
給料
舞台俳優は、1ステージ出るごとにギャラ(報酬)を得ています。ギャラは作品の規模や観客動員数、役者の知名度などによって異なりますが、1万円程度が一般的と言われています。しかし、第一線で活躍するようになれば1回のギャラが10万円を超えることもあり、舞台俳優(劇団員)の収入は、実力と比例する面も大きいようです。しかし、会社員のような待遇は期待できず、稽古中は給料が出ないため、厳しい生活を強いられる人も多いです。
将来性
テレビや映画に出る役者同様、舞台俳優や劇団員も、常に実力主義の厳しい世界で戦っています。成功するのは簡単ではありませんが、人々に夢や感動を与える仕事である以上、厳しい状況でも前向きな姿を見せ続けなければなりません。舞台は時代を問わずニーズのある芸術作品であり、若手が活躍できるチャンスもあると言えるでしょう。日々自分自身を高め、周りの人に認めてもらえるだけの魅力を身につけることが大切です。