管理栄養士の就職・求人募集状況

現代に必要とされる仕事

高齢化社会が進み、生活習慣病が増え、さらに病気でなくても美容や健康に気を遣う人が増えている現代は、的確に栄養指導を行える管理栄養士の需要が非常に高まっています。

管理栄養士の就職先として代表的なのが病院ですが、それ以外にも老人保健施設や食品メーカーなどの一般企業、研究所、保育園、スポーツジム、エステ…と非常に幅広く、世の中全体で管理栄養士を必要としていることがわかります。

実際の就職状況はといえば、管理栄養士養成学校から新卒で就職を目指す場合、「就職内定率100%」を達成している学校はいくつもあります。

養成学校には求人情報が多数届いたり、学生支援センターなどによるサポート体制が充実していることも多いので、就職はしやすいといえるでしょう。

ただし、絶対に希望した就職先に入れるとは限りません。何よりも大切なのは、在学中の授業への取り組み方や、何よりもこの仕事に就きたいという強い情熱とやる気にかかってきます。

再就職、転職もしやすい

管理栄養士の国家資格を持っているということは、きちんと養成施設で学び、一定の専門知識を身につけていることを示します。

この資格は有効期限がありませんので、もし結婚や出産、または家庭の事情などで一度仕事を辞めたとしても、再び管理栄養士の資格を生かして働くことが可能です。

管理栄養士の人手が足りていない職場は多くあり、不定期で求人をかけている病院や施設等も少なくありません。

待遇のよい正社員(常勤)の就職は競争倍率が高いこともありますが、非常勤やアルバイトでもよいのであれば、仕事はかなり探しやすいといえるでしょう。

なお、管理栄養士はもともと女性が多い仕事でしたが、最近は男性の管理栄養士も増えており、男性の管理栄養士が中心となって活躍している職場もあるようです。