科学者の求人、募集の状況

「科学者」としての求人は一般的でない

最初に知っておきたいのは、世間では「科学者」という名称で求人が出されることは一般的ではないということです。

科学者は、あくまでも自然科学などの専門分野の研究を行う人のことを指し、職種として認識されることはあまり多くありません。

博士号を取得した人の大半は、大学で研究を続けるか、民間企業へ就職する道を選択することになりますが、大学の場合は「博士研究員」や「ポスドク」といった名称で呼ばれる立場となり、民間企業では「研究開発職」として働くのが一般的です。

大学の求人募集状況

大学院の博士課程修了後、そのまま大学教員になれる可能性は決して高くありません。

大学教員の試験は超高倍率であり、ポストが空いていなければ採用されることもありません。

したがって、多くの人はそのまま「博士研究員」あるいは「ポスドク」になり、非正規雇用の形で働きながらさらに研究を深めていきます。

ポスドクといっても立場は人によってだいぶ異なり、アルバイトのように時給で給料をもらう人もいれば、月給をもらえることもあるようです。

ただし、最初から裕福に暮らせるほどの収入が得られるわけではなく、別のアルバイトをしながらポスドク生活を送る人もいるといます。

研究活動はかなりの時間を拘束されるため、忙しい日々を送ることになりがちです。

そのなかから、実績を出した限られた人だけが大学教員へとステップアップするチャンスを得られます。

大学教授の仕事

民間企業の求人募集状況

民間企業でも、製薬会社や化学メーカーなど、さまざまなところで博士課程修了者を募集しています。

その場合は一般的に「研究開発職」として、文系の学生や、学部卒の学生とは別枠で採用され、会社の研究所に勤務することになるでしょう。

ただし、博士号を持っていれば必ず就職が決まるわけではありません。

企業は営利目的で事業を営んでいくため、本人の専門分野や研究内容によっては、それまで研究してきたことがあまり生かせない場合もあれば、アカデミックに寄りすぎているなどの理由で採用されにくいこともあるようです。