自衛隊の食事

メニューは地域によってさまざま

自衛隊の食事は、毎日決まった時間にとります。

朝は起床後に点呼や掃除をしてから、昼は12時から、夕食は17時に仕事が終了してからになります。

食事の内容ですが、メニューは毎日同じではなく日替わりのメニューになります。そして、そのメニューはそれぞれの駐屯地や基地で変わってきます。

自衛隊は北は北海道から南は九州・沖縄までありますので、中にはその地域ならではの食事や駐屯地ならではの食事があります。

たとえば、北海道の駐屯地ではお寿司が出ていたことがあるようです。

また陸上自衛隊の幹部育成をしている静岡県にある富士学校では、毎月の給料日にはステーキが出ていたようです。

もちろん高級な肉ではまったくないようですが、普通の駐屯地では給料日だからといってステーキが出ることはまずありません。

このあたりも幹部を育成する駐屯地ならではだといえるでしょう。

持ち帰れる食事もある

実際、そこまで隊員の食費にお金を掛けるわけにもいきません。普通は一食あたり120円前後です。

駐屯地によっては食堂の前にホワイトボードを置いて、今の一食あたりの食費などを知らせたりしています。

またそのホワイトボードに食事のリクエストを書くことができたりしました。

また、朝食も食堂でとるのが基本ですが、訓練の関係でその時間がない隊員用に持ち帰って食べれる菓子パンと牛乳が準備されています。

こちらはあまり数は用意されてないので、なくなり次第終了です。

ただ、そういった隊員だけでなく食堂より部屋でゆっくり食べたい人も持ち帰ってたりもします。

カロリーはかなり高め

食事の量やカロリーも、やはり普通の量よりは多く高めになっています。

自分でご飯をよそうためのしゃもじが普通サイズの2倍ほどあったりすることもあります。

ご飯以外のメニューは基本的に食堂の人に出されたものを取るので、お腹が空いてるときはご飯を大盛りにするしかありません。ですので、しゃもじが普通よりも遥かに大きいのです。

ただ、すべての隊員が訓練をするわけではなく、中には事務のような仕事をしている人もいます。

そういった体をあまり動かさない隊員も同じ食事を取るので、かなり太った隊員がいるのも事実です。

ですので、基本的にカロリーが高いことを忘れずに、隊員はその日の仕事に合わせて自分で食べる量を調整することも必要になります。

食事のときも新人は忙しい

土日に関しては、休みの日の朝食は食堂が空いてないことがあります。

そうしたときは、朝になると隊舎に菓子パンと牛乳が届けられて、それを新人が手分けして各部屋に届けます。

昼食や夕食ですが、こちらは休日でも食堂でとります。

しかも平日に比べて隊員がとても少ないので、新人は落ち着いて食事をとることができます。

訓練の関係で昼に食堂で食べることができないときは、食堂に行って食事を学校給食のような大きなケースに詰め込んでもらい、それを現場に運んで食べることになります。

このときに配食するのは基本的に新人ですので、先輩より先に準備して配食をしてから、先に食べ終えて後片付けや洗い物をしなければいけないので、昼の休憩も短くなかなか大変です。

また、3尉(昔の少尉)以上の幹部がいるときは、専用の食器やお盆を人数分用意しなければいけません。そして少し多めによそって一番先に渡します。

新人はカレーを3分で食べる

入隊してから半年間の新隊員教育期間中はゆっくり食事をとることはできません。

朝は急いで食べてすぐに訓練の準備などをしなければいけませんし、お昼も午前の片づけを済ませてから急いで食べて午後の準備をしなければなりません。

唯一夕食だけが比較的ゆっくり食べることができます。

それ以外は、たとえアツアツのカレーライスが出たとしても2〜3分しか食べる時間がないということが当たり前です。

しかし、ここで早く食事を取れるようになると、部隊に配属された後に訓練で忙しいときも早く食べることができるようになります。

食事をつくるのも隊員

食堂で食事を作る人たちですが、これももちろん隊員達で作っています。

これは糧食班と呼ばれ、駐屯地内の各部隊から集められます。

どういう人が集められるかというと、訓練で怪我をしてしばらく休養が必要な隊員や、または料理の資格が欲しい隊員が集められたりします。

もちろん命令で配属されることもあります。期間は大体3ヶ月くらいですが、ほとんどずっと糧食班で過ごす隊員もいたりします。

日々のメニューや栄養のバランスなどは栄養士が担当します。

自衛隊の栄養士