自衛隊の勤務時間・休日

規則正しいスケジュール

自衛官の通常の日課は、基本的には以下のようなスケジュールが組まれています。

6:00:起床
6:15:点呼
8:15:課業開始
12:00:課業終了
12:00〜13:00:休憩時間
13:00:課業開始
17:00:課業終了

1日の勤務時間は基本的に「7時間45分」と定められています。

8:15に業務を開始し、12時から13時まで昼食休憩を取り、17時には業務終了するという流れです。

訓練などで団体生活をしている場合は、22:00には消灯することになっています。

また、基本的には土曜日と日曜日を休日とする「週休2日制」になっています。

自衛隊というと「勤務が激務なのでは」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は勤務時間に関してはとても厳しく定められています。

休暇取得の制度も充実

自衛官の仕事の性質上、どうしても予定通りに働くことができるとは限りません。

災害が起きたときや緊急事態のときなど、いざというときには、休日や夜勤など関係なく、任務が遂行できるまで働く必要があります。

ただし、この場合も、可能な限りはのちに代休を取得できるようになっています。

また、自衛官は年間を通して比較的しっかりと休暇を取ることができます。年次休暇、病気休暇以外にも特別休暇があります。

特別休暇というのは、自分の結婚式のための休暇や、出産や子育てのための休暇のことです。

男性隊員の場合でも、妻が出産をするときに立ち会うために休暇を取ることも可能です。

さらに、介護休暇の制度もあります。自分の父母や子、あるいは配偶者の父母の介護をするための休暇です。

自衛官は特殊な職業である一方で「公務員」でもあるため、勤務時間や休暇の取得に関しては恵まれた環境にあるといえます。