投稿者プロフィール

都内保育園の保育士 けいさん

20代後半(就労時) 女性経験:5年1ヶ月 東京都

退職済み / 正社員

投稿者の仕事満足度

総合満足度
4.00
仕事内容
3.50
やりがい
4.50
働きやすさ
3.50
給料・年収
2.00
休日・待遇
4.00
成長・将来性
4.00

保育士は大変だけど、毎日心から笑える仕事

メッセージ

保育士を目指すということは、あなたも子どもが好きでしょうか。

私は子どもが好きだという想いだけで、5年間、大変なこともつらいことも乗り越えることができました。

好きという気持ちは、とても重要だと思います。

保育士というと、低賃金で重労働というイメージが強いかもしれません。

ですが、ここ数年で保育業界はどんどん改善してきているように思います。

福利厚生や、国からの補助金

保育士を目指すということは、あなたも子どもが好きでしょうか。

私は子どもが好きだという想いだけで、5年間、大変なこともつらいことも乗り越えることができました。

好きという気持ちは、とても重要だと思います。

保育士というと、低賃金で重労働というイメージが強いかもしれません。

ですが、ここ数年で保育業界はどんどん改善してきているように思います。

福利厚生や、国からの補助金、市区町村からも支援金が優遇されるようになりました。

これから先、もっと改善されるのではないでしょうか。

たしかに保育士は大変な仕事ですが、これ以上に毎日笑える仕事はありませんよ。

仕事内容

私は東京都新宿区の保育園に勤めていました。

0歳児〜5歳児まで園児数200人の少し大きい園で、1歳児〜4歳児まで担任を経験しました。

1〜2年目は先輩に教えてもらいながら担任をしていましたが、3年目からは後輩の指導もすることに。

行事も、最初は「七夕会」のような小さな担当だったのが、3年目になると「運動会」のような大イベントの運営を任されました。

なるには

4年制大学に通い、保育士資格取得コースを受講しました。

資格取得となると、通常よりも多く単位をとる必要があり、実際の保育園や施設に行く実習も多いので大変でした。

きつくて途中で取得を諦める友人もいたので、生半可な気持ちで資格をとることはおすすめしません。

短期大学や専門学校、独学で取得することも可能です。

保育士になってしまえば子どもにとってはみんな「先生」なので、どこで取

4年制大学に通い、保育士資格取得コースを受講しました。

資格取得となると、通常よりも多く単位をとる必要があり、実際の保育園や施設に行く実習も多いので大変でした。

きつくて途中で取得を諦める友人もいたので、生半可な気持ちで資格をとることはおすすめしません。

短期大学や専門学校、独学で取得することも可能です。

保育士になってしまえば子どもにとってはみんな「先生」なので、どこで取得したかはあまり関係ありません。

やりがい

保育士にとってのやりがいは「子どもたちと楽しい1日を過ごすことができたかどうか」で決まります。

まだ言葉がうまく出ない1歳児の担任だった頃、保護者の方に「朝、〇〇先生のことを見つけると嬉しそうに保育室に入るんです。〇〇先生のことが大好きみたい。」と言われた時、とても嬉しかったです。

言葉にしなくても、子どもは楽しさや嬉しさをまっすぐに表現してくれます。やりがいを感じる瞬間です。

つらいこと

私が保育士になって1番大変だったのは、1年目の頃でした。

毎日朝から晩まで動きっぱなしで、とにかく体力勝負。

子どものウイルスは強いですから、風邪や胃腸炎がうつって休むことも多かったです。

覚えることも多いですし、子どもの命を預かっている責任も重いです。とにかく1年目はたくさん泣いていましたね。

向いてる人

保育士は、子どもが好きで、外で遊ぶことが好きな人に向いていると思います。

子どもといえど、体力は大人以上に有り余っています。外遊びに積極的に誘い、一緒に遊べる保育士は魅力的です。

一方で、自分から提案や意見を言えない人は、あまり向いていません。

子どもたちを引っ張っていけるように、自分の意見を言う練習をしていくといいと思います。

志望理由

私が保育士を目指したのは、学生時代に体操の先生のアルバイトをしていたからです。

体操教室は子どもの入れ替わりが激しく、せっかく仲良くなっても辞めてしまう寂しさがつきものでした。

保育園は約6年間通う場所なので、成長をしっかり見届けることができ、日々感動の連続です。

働きやすさ

職場の雰囲気は、そんなに悪くありません。

たまに気の合わない先輩同士がぶつかっているのは見かけますが、大人としての気遣いや思いやりさえ忘れなければ、働きやすい環境は作っていけると思います。

主に女性が活躍している職場ですが、男性保育士がいきいきとしている保育園は、雰囲気の良い園が多いですよ。

給料・年収

年齢21歳(勤続5年)で、給与は手取り20万円でした。

そのうち基本給が18万円、国からの手当てなどが入って20万円です。

ちなみに家賃補助なし、交通費は支給あり。

賞与4.5ヶ月分だったので、年収にすると保育士にしては高待遇だったと思います。

保育園によって、賞与や手当てにかなり差があるので、福利厚生はしっかりと見ておくことをおすすめします。

休日・待遇

完全週休2日。土曜日出勤が月1回ありますが、土曜出勤する週は平日に1日振替休日がありました。

年に3回、休日出勤もありました。

そこの振替休日はありませんが、6連勤以上にはならないように調整してシフトを組んでいました。

夏休みは3日ですが、自分の有給とつなげて1週間は休むことができましたよ。

社会保険に加入しており、福利厚生はしっかりとしていたので安心でした。

就職・転職

就職先は、保育園を実際に見学し、子どもたちや先生たちの雰囲気を見て選ぶことをおすすめします。

元気に挨拶ができる子どもたちで、先生が笑顔に溢れている園は、実際に働いても素敵な園だと思います。

私は現在ライター業に転職しました。理由は、保育園で毎月書いていた「園だより」が好評だったからです。

恋愛・結婚

保育士は、保育士同士で結婚する人も少なくありません。

あまり出会いのない職種だと思うので、友人の紹介も多いです。

結婚後、妊娠出産後も、仕事は続けやすいと思います。

結婚後も長く仕事を続けるのであれば、実際にママである先生が多い職場を選ぶといいと思いますよ。

成長・将来性

子どもは毎日成長していくので、保育士も毎日成長する必要があります。

試行錯誤の連続ですが、保育士としてのスキル以外にも人間的に成長できると感じます。

保育は正解がないからこそ、面白く深い職業です。

近年、保育士不足が問題になっていますが、共働き家庭の増加により保育士のニーズはとても高まっています。

これから国の支援により、さらに保育士へのサポートが厚くなると考えています。

つづきを読む

\お役に立ちましたらクリックお願いします!/