行政書士の独立・開業

独立・開業するには

行政書士になるには、まずは行政書士試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。

その後、独立・開業にあたっては、事務所を設けようとする都道府県の行政書士会へ必要書類を提出し、日本行政書士会連合会へ名簿登録を行います。

行政書士は、基本的に独立・開業するための資格となっているため、多くの有資格者が開業をしています。

独立・開業する前に経験を積むことも有益

しかし、行政書士として開業したからといって、はじめから顧客がどんどん集まってくるわけではありません。

行政書士試験の勉強と実務は大きく異なるため、経験も人脈もない場合は、自分でも本当に業務を行えるか心配な面もあるでしょう。

そのような場合、まずは行政書士事務所や法律事務所などに勤務し、実務を学ぶことから始める人も多くいます。

勤務する場合は、行政書士資格を持っていても必ずしも望むような収入が期待できないかもしれませんが、多様な実務経験を積んだり、将来に有益となる人脈を得られることも多いでしょう。

ただし、行政書士事務所などでの求人数は限られているため、就職活動は厳しいものになるかもしれません。

開業資金は抑えながら始めることもできる

事務所を開設するとなれば、多くの初期投資が必要になるのではと心配になるかもしれませんが、開設する事務所の規模等によって開業資金にはだいぶ幅が出てきます。

まず、行政書士会への入会と登録費は、地域によって異なりますが25万円程度となっています。

自宅を事務所とすれば、事務所の家賃や敷金礼金といった費用を抑えることはできます。

そのほか、設備としては電話、パソコン、プリンタや複合機、また名刺などはビジネスを行ううえで最低限準備する必要があるでしょう。

開業したならば積極的な営業活動を

いくら行政書士試験の勉強をしていても、実務となるとまったく対応できないということも珍しくありません。

行政書士として登録・開業すると、行政書士会のさまざまな業務研修会の案内が送られてくるようになります。

許認可等の手続き方法などについて行政書士協会が多くの研修を提供しているため、それらに参加することで身につけられる知識も多くあります。

また、それらに参加するうちに、多くの先輩方や仲間と出会えることもあり、それをきっかけに仕事を依頼されたり、困ったときに助けてもらったりと協力関係を築くこともできるでしょう。

最近では、インターネットを活用して自分のホームページやブログを開設して自己アピールし、相談業務を受けつけている行政書士も増えています。

多くの行政書士がいるなかで、顧客を増やしていくためには積極的な営業活動が必要となります。

また、自分の得意分野や専門領域を見つけ、そこを強みに活動していくこともよいでしょう。