グランドスタッフになるには

グランドスタッフになるには

航空関連会社に就職する

グランドスタッフとして働くときに、必要な資格は特にありません。

航空会社が直接採用を行うケースもありますが、最近は航空会社の関連会社が採用を行うケースや、専門の派遣会社に登録して働くといったケースが多くなっています。

国内の大手2社(JAL、ANA)の場合は、グランドスタッフがこなす旅客ハンドリング業務を担う専門のグループ会社で採用を行っています。

大学院、大学、短大、専門学校を卒業後、上記に挙げた企業の採用試験を受験し、採用されれば、グランドスタッフとして活躍することができます。

学部や学科は基本的に問われませんが、専門学校のエアライン科の卒業生も少なからずいます。

各社の募集資格として掲げられている主なものとしては、学歴(大学院、大学、短大、専門学校卒)、勤務条件(シフト勤務)、住居(空港に通える一定範囲に居住が可能か)、英語能力(英語検定2級以上、もしくはTOEIC550点以上の英語力が望ましい)です。

試験に合格するために必要な要素

英語を使う仕事となるため、英語力は重要です。学生のうちに英語の資格をとって準備をしておきましょう。一般的には、どこの会社でもまず書類選考があり、それにパスしたら面接や筆記試験へと進みます。

そのため、書類選考に合格することが第一関門となります。決められたスペースで自分を最大限にPRすること、志望動機や資格の欄は特に重要です。インパクトのある書類を仕上げましょう。

また、面接は日本語だけでなく、英語で実施されることもあります。英語力も大事ですが、まず美しく正しい日本語や敬語が使えることは必須です。

そして美しい立ち居振る舞いも身につけておきましょう。これは接客サービスのお仕事に就く人は基本中の基本です。

グランドスタッフの雇用形態

派遣社員としての採用が増加

一般的に、グランドスタッフは正社員と契約社員に分けた採用が行われています。また、正社員は新卒者だけでなく、既卒者を採用している場合もあります。

そのほか、グランドスタッフ経験者の採用や、障害者採用を別枠で行っているところもあります。

ただし、最近ではすべての人を契約社員として採用するケースが一般的になってきています。最初の3年間は契約社員として勤務し、その後、正社員にステップアップするという流れです。

その場合も、全員が必ずしも正社員になれるというわけではなく、勤める企業や状況によっては契約社員のまま勤務を続けるというパターンもあります。

正社員と派遣社員の違い

正社員と契約社員の違いを考えると、まず給料や待遇面に差が出ることがあります。

業務内容に関しては、どちらも同じ仕事をする会社もあれば、都市部の大きな空港になると役割が分かれていることもあります。

そういった場合、正社員は航空機離発着にかかわる仕事(チェックイン、出発ゲート、キャッシャー(発券))そして将来的にはバックオフィスでコントローラーや新人の教育関連、さらにはチーフ、マネージャーと昇格することができます。

一方、契約社員は接客がメインです。チェックインカウンターでお客様の荷物を預かったり、航空会社のラウンジでの仕事をすることが多くなっています。

なお、空港によってはラウンジのスタッフや夏のお盆、年末年始の繁忙期だけにアルバイトを採用しているところもあります。

グランドスタッフに求められること

接客能力、語学力

年齢、国籍問わず、幅広いお客さまに対応しなければならないので、高いレベルのコミュニケーションスキルが必要となります。

正しい日本語を使えるのはもちろん、英語での問い合わせも少なくないため、それらに適切に対応できるだけの英語力も必要になります。

判断力

さまざまな人と接する空港での仕事では、多様なトラブルが起こりやすくなります。そうしたときに、冷静かつ臨機応変に対応できる判断力が求められます。

もちろん、入社後には業務上必要な知識を身につけることも大切です。

体力

グランドスタッフは立ち仕事であることに加え、荷物を持ったり走ったりと、見た目よりも体を使います。休日も不規則で、早朝の勤務などもあるため、体力がないと務まりません。

グランドスタッフの現状と今後の見通し

航空会社の競争が激化し、コストの削減が続いています。そうした中で、グランドスタッフの待遇にも影響が出てきている状態です。

カウンター業務の機械化も進み、現状よりも採用が増えることは考えにくい状況になっています。

しかしながら、モチベーションの高いスタッフも多く、依然人気の高い職業となっています。今後はより専門性が高い人が採用されるようになる一方、業務の幅も広がっていくと考えられます。

仕事体験談