グランドスタッフになるための学校

将来グランドスタッフになるために、大学へ行くか専門学校へ行くか迷う方もいるでしょう。

グランドスタッフの場合、「大卒」が採用条件となっていることはあまりないため、どちらに進んでもグランドスタッフへの道は開かれていますが、大学と専門学校にはそれぞれ特徴があります。

ここではそれぞれのメリットを見ていきます。

大学のメリット

大学であれば、観光ビジネス学部、国際コミュニケーション学部、国際観光学部などがある大学に進学するとエアライン、観光、ホテル、ブライダル関連の勉強ができます。

もちろん、これらの学部以外、たとえば文学部や法学部など、どの学部であっても、グランドスタッフの採用試験を受けることは可能です。

大学に通うメリットは、4年間の学生生活を通じて、専門的な勉強だけではなく、広く一般的な教養を身につけられることだといえます。

専門学校に通学する場合と比べて学生期間も長いため、アルバイトやサークル活動、ボランティア活動など、一見グランドスタッフの仕事とは関係のないような経験や知識が、接客のときに役に立つことも出てくるかもしれません。

また、契約社員の場合は一律同じ時給ですが、正社員となったときには、最終学歴で給与に差が出てくることもあります。

専門学校のメリット

専門学校は大体2年コースが通常ですが、1年コースもあります。

専門学校のメリットは、目指す職業や学びたいことに即したコースをより細かく選択し、専門的な勉強をすることができるところです。

たとえばグランドスタッフを目指す人の場合、「エアライン科」や「グランドスタッフ科」などが該当し、より実践的な勉強をすることができます。

人によっては在学中に海外にあるツーリズムの専門学校のエアライン科コースを受講して、エアラインの知識習得と同時に英語力をアップさせる人もいます。

また、専門学校によっては夏休みの間空港でのインターンシップをさせてくれるところもあり、就職する前に就業体験ができるところもあります。

大半の専門学校では「就職」を強く意識したカリキュラムが組まれているため、航空関連会社とのつながりが強く、就職情報が入手しやすかったり、就職サポート制度が充実していることが多いのもメリットでしょう。

ただし、専門学校に通えば100%就職できるというわけではありません。自分で業界について研究することや、目標にむけて継続的に勉強を続けていく努力は欠かせません。

仕事体験談